The Zombies Part 6 : Box Set

 The ZombiesのCD、パート6は90年代にリリースされた2種類のボックス・セットをご紹介。

[1993:Time Of The Season Complete Studio Recordings]
140715a.jpg
『Time Of The Season Complete Studio Recordings』 (発売日:1993年2月19日/CD:(日) Century CECC-00500)

[Disc 1]
1.Road Runner*
2.Summertime
3.I Can't Make Up My Mind
4.The Way I Feel Inside (Stereo Version)
5.Work'n' Play*
6.You've Really Got A Hold On Me〜Bring It On Home To Me
7.She's Not There (Stereo Version)
8.Sticks And Stones*
9.Can't Nobody Love You*
10.Woman
11.I Don't Want To Know*
12.I Remember When I Loved Her
13.What More Can I Do*
14.I Got My Mojo Working
15.Kind Of Girl
16.Sometimes*
17.It's Alright With Me*
18.Nothing's Changed
19.I'll Call You Mine (Undubbed Stereo Version)
20.I'm Going Home

[Disc 2]
1.You Make Me Feel Good
2.Leave Me Be
3.Tell Her No
4.She's Coming Home*
5.I Must Move (Stereo Version)
6.Whenever You're Ready
7.I Love You (Stereo Version)
8.I This The Dream (Stereo Version)
9.Don't Go Away
10.Remember You*
11.Just Out Of Reach
12.Indication
13.How We Were Before
14.Gotta Get A Hold Of Myself*
15.Going Out Of My Head (Alternate Mono Version)*
16.She Does Everything For Me
17.I Want You Back Again
18.I'll Call You Mine (Overdubbed Version)
19.Imagine The Swan (Alternate Stereo Mix)
20.Conversation Off Floral Street

[Disc 3]
1.Care Of Cell 44
2.A Rose For Emily
3.Maybe After He's Gone
4.Beechwood Park
5.Brief Candles
6.Hung Up On A Dream
7.Changes
8.I Want Her She Wants Me
9.This Will Be Our Year (Duophonic Mix)
10.Butcher's Tale (Western Front 1914)
11.Friends Of Mine
12.Time Of The Season
13.I Could Spend The Day
14.Girl Help Me (Mono Mix)*
15.She Loves The Way They Love Her (Mono Mix)*
16.Smokey Day
17.If It Don't Work Out (Mono Mix)*
18.I Know She Will
19.Don't Cry For Me
20.Walking In The Sun (Mono Mix)*

* Mono

(主な特徴)
● CD3枚組
● ブックレットには歌詞を掲載(対訳はなし)
● ポスターの裏側には日本のミュージシャン数名のコメント、解説、ディスコグラフィ等を掲載
● "Odessey And Oracle"缶バッジ付き
● オリジナルTシャツ付き

◎1993年に日本のCentury Recordsから発売された3枚組ボックス・セット。Voxアンプを模した箱の中にスリム・ケースに入れられたCD3枚と、歌詞を掲載したブックレット、『Odessey And Oracle』のジャケットを拡大したポスター?(裏側には"THE ZOMBIES STORY"と題されたライナーとディスコグラフィを掲載)、四角く凝縮された"She's Not There"Tシャツ(サイズが小さい&薄すぎて着れねー)、"Odessey And Oracle"缶バッジ等が封入されていました。

 音源は7〜80年代に流通していたものを使用。ヒス・ノイズ除去が施され、テープ・コピーの末のざらついた感触があったりと、1997年以降のリマスター音源と比較すると音質に難ありな印象。さらに「I'll Keep Trying」は未収録なので注意が必要です(といってもこのBoxに限らず、この曲は90年代まで流通していたCD全般で未収録でした)。

 Disc 1はアルバム『Begin Here』全曲+シングルやEPからの曲を収録。Disc 2はテイチクから発売されていた編集盤『好きさ好きさ好きさ』と同内容のシングル曲集。Disc 3は『Odessey & Oracle』と未発表アルバム『R.I.P.』からの音源を収録。

 リマスター音源が出た今となってはあまり必要性を感じない印象も受けますが、「She's Not There」のステレオ・ミックスは冒頭にカウントが入り、『R.I.P.』収録予定曲「Imagine The Swan」「Smokey Day」「I Know She Will」「Don't Cry For Me」は1997年以降のCDとはミックスが異なったりと、細かい違いがいくつかあります。
[1997 : Zombie Heaven]
140715g.jpg
[Disc 1: Begin Here & Singles]
1. She's Not There
2. You Make Me Feel Good
3. Leave Me Be
4. Woman
5. Tell Her No
6. What More Can I Do
7. Road Runner
8. Summertime
9. I Can't Make Up My Mind
10. The Way I Feel Inside
11. Work 'N' Play
12. You've Really Got A Hold On Me〜Bring It On Home To Me
13. Sticks And Stones
14. Can't Nobody Love You
15. I Don't Want To Know
16. I Remember When I Loved Her
17. I Got My Mojo Working
18. She's Coming Home
19. I Must Move
20. I Want You Back Again
21. Whenever You're Ready
22. I Love You
23. Is This The Dream
24. Don't Go Away
25. Remember You
26. Just Out Of Reach
27. Indication
28. How We Were Before
29. Gotta Get A Hold Of Myself
30. Goin' Out Of My Head
31. She Does Everything For Me

※ 全曲Mono Mixで収録。

[Disc 2: Odessey & Oracle and The Lost Album]
1. Care Of Cell 44
2. A Rose For Emily
3. Maybe After He's Gone
4. Beechwood Park
5. Brief Candles
6. Hung Up On A Dream
7. Changes
8. I Want Her She Wants Me
9. This Will Be Our Year (Mono Mix)
10. Butcher's Tale (Western Front 1914)
11. Friends Of Mine
12. Time Of The Season
13. I'll Call You Mine (Mono Single Version)
14. Imagine The Swan
15. Conversation Off Floral Street
16. If It Don't Work Out (Overdubbed Version)*
17. Don't Cry For Me (Overdubbed Version)*
18. I Know She Will (Overdubbed Version)*
19. Walking In The Sun (Overdubbed Version)*
20. I'll Keep Trying (Overdubbed Version)*
21. I'll Call You Mine (Overdubbed Version)
22. Smokey Day*
23. She Loves The Way They Love Her*
24. Girl Help Me*
25. I Could Spend The Day
26. A Rose For Emily (Alternative Version)*
27. This Will Be Our Year (Stereo Version)*
28. Time Of The Season (U.S. Radio Spot)*

*印は初登場音源

[Disc 3: Rare & Unissued]
1. Summertime (Demo) *
2. Woman (Demo) *
3. Kind Of Girl (Demo) *
4. Leave Me Be (Demo) *
5. I'm Going Home (Takes 1 & 2) *
6. I'm Going Home
7. Sometimes (Intro) (Takes 1, 2, 4, 5, 6) *
8. Sometimes
9. It's Alright With Me
10. Kind Of Girl *
11. Walking In The Sun (Undubbed Version) *
12. Studio Chat/The Way I Feel Inside (False Start) *
13. The Way I Feel Inside (Rehearsal) *
14. I Want You Back Again (Alternative Version)
15. Nothing's Changed (Backing Track) *
16. Nothing's Changed
17. Remember You (Soundtrack Version) *
18. Come On Time *
19. I'll Keep Trying (Undubbed Version) *
20. Whenever You're Ready (Demo) *
21. You'll Go From Me Aka Don't Go Away (Demo) *
22. I Know She Will (Undubbed Version) *
23. Don't Cry For Me (Undubbed Version) *
24. If It Don't Work Out (Undubbed Version) *
25. One Day I'll Say Goodbye (Home Demo) *
26. I Don't Want To Worry (Home Demo) *
27. A Love That Never Was (Demo) *
28. Call Of The Night Aka Girl Help Me (Demo) *
29. Out Of The Day (Demo) *
30. This Will Be Our Year (Demo) *
31. Bunny Lake Promo Spot - To Music Of Come On Time *

*印は初登場音源

[Disc 4: Live On The BBC]
1. Road Runner *
2. You Make Me Feel Good *
3. Early One Morning *
4. She's Not There *
5. Tell Her No
6. What More Can I Do
7. I'm Going Home
8. For You My Love
9. Tell Her No (Acoustic Piano Version) *
10. Soulville
11. Rip It Up *
12. Can't Nobody Love Me
13. You Must Believe Me
14. She's Coming Home *
15. I Must Move *
16. Just Out Of Reach
17. If It Don't Work Out *
18. Whenever You're Ready
19. It's All Right
20. Will You Love Me Tomorrow *
21. When The Lovelight Starts Shining Through Her Eyes
22. Just A Little Bit *
23. Sitting In The Park *
24. Gotta Get A Hold Of Myself
25. Goin' Out Of My Head
26. This Old Heart Of Mine (Is Weak For You)
27. Friends Of Mine *
28. The Look Of Love *
29. Kenny Everett Show Jingle/Medley: Time Of The Season/A Rose For Emily/Jingle/This Will Be Our Year *

*印は初登場音源

◎1997年暮にイギリスのBig Beatレーベルからリリースされた4枚組ボックス・セットで、翌1998年3月15日にはVivid Soundから"輸入国内盤仕様"も発売されています。

(主な特徴/一部、輸入国内盤仕様の帯から抜粋)

● ゾンビーズの残した2枚のオリジナル・アルバム『Begin Here』『Odessey & Oracle』+シングルA/B面+Demo、BBCライヴ、未発表42曲=119曲入りCD4枚組。
● 68ページのカラー・ブックレットにはメンバー全員と関係者の証言を基に構成されたゾンビーズ年代記、曲目解説、曲目 Ato Z、ディスコグラフィ、トム・ペティやレニー・ケイによるコメント、写真、当時の広告、レコードのジャケット/レーベル等を掲載。
● 音源は1997年リマスター。極力オリジナルのモノラル&ステレオ・マスターが使用され、場合によっては4&8トラック・マルチトラック・テープ、アセテート盤(試聴用のレコード)から新たにマスタリングされたものも含まれています。
● Vivid Soundから発売された"輸入国内盤仕様"のみ、48ページ分の英文ライナーの対訳付き(歌詞は元々未掲載)。

 さらに付け加えると、前期Decca時代(1964〜1967)はMono Mixを採用、後期CBS時代(1967〜1969年)はStereo Mix中心。ここに含まれていないのは前期Decca時代のStereo Mix(恐らく音数がMono Mixよりも少ない事と、解散後にメンバーの知らない間に作成されたものだった or オリジナル・ミックス重視と思われます)、解散後に散発的に録音された再結成音源(そのうち『New World』は後に同メーカーから単独で再発)、その他細かいヴァージョン違い等々。

 また、上記トラック・リストの初登場音源には*印を付けましたが、このボックス・セット以降に発売されたリイシュー&リマスター盤CDに収録されているものもあれば、2014年現在もこのボックス・セットのみで聴ける音源もいくつか収録されています。

 徹底した音源や資料のリサーチ、メンバー自身の当時の心境が垣間見れるブックレット、全てにおいてバンドと制作者サイドの強い熱意を感じる仕上がりで、もしこれからこのボックスを探す方は、読み応えのある英文ライナーの対訳の付いた"輸入国内盤仕様"をオススメします。

[内容について]

Disc 1

 Disc 1は全曲Decca時代(1964〜1967年)の音源。アルバム『Begin Here』全曲(曲順通りではない)とシングル(オリジナル・モノラル・ミックス)を収録。そのうち18曲が初CD化ミックス(リリース当時。現在は他のCDにも収録)。具体的な詳細は輸入国内盤仕様のブックレットに記載されていますが、従来版Stereo Mixに含まれていない音(主にドラムやコーラスのオーヴァー・ダビング)がMono Mixに含まれているパターンが数曲あるほか、以前はヴォーカルがシングル・トラックで音像が不明瞭なミックスが流通していた「Goin' Out Of My Head」はヴォーカルがダブル・トラックのヴァージョンで収録されています。

Disc 2

 Disc 2はCBS時代(1967〜1969年)の音源で、セカンド・アルバム『Odessey & Oracle』(1曲を除いてステレオ・ミックス)と、1969年に製作されながら未発表に終わった幻のアルバム『R.I.P.』からの音源+別ヴァージョン+ラジオ・スポットを収録。以下は変更点や初登場音源について触れてみます。

9. This Will Be Our Year

 これまで流通していたものは疑似ステレオ・ミックス(右=高音/左=低音)が収録されていましたが、今回はオリジナルのMono Mixで収録されています。

13. I'll Call You Mine (Single Version)

 この曲はオーヴァー・ダビングあり・なし、モノラル・ステレオと複数のミックスが存在しますが、こちらは1968年4月発表のイギリス盤シングル「Time Of The Season」のB面が初出のMono Single Versionで収録。

14. Imagine The Swan

 この曲にはOriginal Mono Mixと複数のStereo Mixが存在しますが、ここではイントロにオルガンがないミックスで収録。このボックス以降に発売された殆どのCDは、このミックスで収録されています。

 なお、前出の『Time Of The Season Complete Studio Recordings』(1993年)に収録されたものは音のバランス具合からしてラフ・ミックス(?)なのか、リード・ヴォーカルにかかるエコー(テープ・エコー?)が薄めで、サビのバック・コーラスも入っていなかったり、左側から小さく聞こえたり。エンディングではスタジオのコントロール・ルームからの声が入っている等の違いが。この別ミックスは1997年以降に発売されたCDでは姿を消しているようです。

16. If It Don't Work Out (Overdubbed Version)

 従来のCDではモノラルで収録されていましたが、ここでは新たに作成されたと思われるStereo Mixでの収録。

17. Don't Cry For Me (Overdubbed Version)

 この曲もモノ・ステレオ共に複数のミックスが存在しますが、ここでは新たに作成されたと思われるStereo Mixでの収録。ちなみに前出の『Time Of The Season Complete Studio Recordings』(1993年)ではピアノが部分的に大きくなる別Stereo Mixで収録されています。

18. I Know She Will (Overdubbed Version)

 この曲も複数のミックスが存在しますが、ここでは新たに作成されたと思われるStereo Mixでの収録。

19. Walking In The Sun (Overdubbed Version)

 従来のCDではモノラルで収録されていましたが、ここでは新たに作成されたと思われるStereo Mixでの収録。

20. I'll Keep Trying (Overdubbed Version)

 1984年になって発掘された曲で、CD化はこのボックス・セットが初でした。

21. I'll Call You Mine (Overdubbed Version)

 13のMono Single Versionのリリース後の1968年12月、『R.I.P.』への収録を前提にバック・コーラスとピアノがオーヴァー・ダビングされた別ヴァージョン。

22. Smokey Day

 このボックスのために新たに8トラック・マスターからリミックスされたヴァージョン。ヴォーカルは中央に配置され、リバーブが深くかけられています。

 前出の『Time Of The Season Complete Studio Recordings』(1993年)に収録の従来版(Original Mix)はリバーブは浅く、ヴォーカルは左寄りで、途中左右に広がります。ハープシコードも左右を行ったり来たりと落ち着かない&妙なミックス。

 また、2014年に発売されたアメリカ盤CD『R.I.P.』((アメリカ)Varese Sarabande 67266)にはこれまで未発表だったMono Mixが収録されています(冒頭にスタジオ内での会話が入っている)。

23. She Loves The Way They Love Her

 これまで流通していたミックスはMonoでしたが、ここでは新たに8トラック・マスターからリミックスされたヴァージョンで収録。冒頭に新たなオーディエンスSEが挿入されています。

24. Girl Help Me

 これまで流通していたミックスはMonoでしたが(それ以外にも奇妙なStereo Mixが存在するらしい)、ここでは新たに8トラック・マスターからリミックスされたヴァージョンで収録。

26. A Rose For Emily (Alternative Version)

 ボックス・セットの音源リサーチ中に発掘された別ヴァージョンで、リリース版では最終的にカットされたチェロが挿入されている。

27. This Will Be Our Year (Stereo Version)

 大半のステレオ盤LP&CDでこの曲は疑似ステレオかモノラルで収録されていましたが、このボックスでは大元の4 Track Tapeから初のStereo Mixが作成されています。ただし、9のOriginal Mono Mixを作る際にブラス・セクションのオーヴァー・ダビングを行なったため、このStereo Mixではブラスが入っていない不完全状態のままになっています。なお、1998年以降に発売された『Odessey & Oracle』のリマスター盤CDの大半は、このStereo Mixに差し替えられています。

28. Time Of The Season (U.S. Radio Spot)

 アメリカのラジオ用に作られたCM。

Disc 3

 Disc 3は"Rare & Unissued"と題されており、デモ、セッション風景、バッキング・トラック、ダビング前のヴァージョン、未発表曲などを収録。その殆どが初登場音源で、いまだにここでしか聴けないテイクも多数あり。

1. Summertime (Demo)

 デビュー前の1964年4月29日に録音されたデモ・ヴァージョン。

2. Woman (Demo)
3. Kind Of Girl (Demo)
4. Leave Me Be (Demo)

 2〜4もデモで、1964年8月13日録音。レコード化されたものとは若干アレンジが異なる部分も。

5. I'm Going Home (Takes 1 & 2)
6. I'm Going Home

 80年代になって発掘された曲で、5はアウトテイク、6はMono Mixが初CD化。

7. Sometimes (Intro/Takes 1, 2, 4, 5, 6)

 イントロ部分の複数のテイクを収録。

8. Sometimes
9. It's Alright With Me
10. Kind Of Girl

 8〜10はイギリスで唯一発売されたEP『The Zombies』(1965年1月)より。そのうち10「Kind Of Girl 」はStereo Mixにはないドラムがオーヴァー・ダビングされているMono Mix。

11. Walking In The Sun (Undubbed Version)

 『R.I.P.』用のオーヴァー・ダビングが施されていない大元のヴァージョンで、リード・ヴォーカルが異なる(強いエコーがかけられているのが特徴)。ちなみに『the DECCA stereo anthology』(2002年)に同ヴァージョンのStereo Mixが収録されています。

12. Studio Chat/The Way I Feel Inside (False Start)

 スタジオ内での会話。どこか寸劇のような雰囲気で、ロッドがオルガンでスペイシーな音を出したり、「My Bonnie」の一節を弾く場面も。

13. The Way I Feel Inside (Rehearsal)

 リハーサル・ヴァージョンで、リリース版とは異なりバンド全員の伴奏が付いている。

14. I Want You Back Again (Alternative Version)

 Disc 1-20とは異なるテイクで、1969年発表のアメリカ編集盤が初出。

15. Nothing's Changed (Backing Track)
16. Nothing's Changed

 リリース版の16とは別テイク(Take 1&2)で、バッキング・トラックのみ。また、16が終わると次の曲のスタジオ内でのやり取りが始まる。

17. Remember You (Soundtrack Version)

 映画『Bunny Lake Is Missing』(1965年)用に録音されたテイクで、Disc 1-25のSingle Versionよりもテンポが遅い。

18. Come On Time

 こちらも同じく映画用の曲で、コリンの初のオリジナル。後に歌詞が替えられ「Just Out Of Reach」としてリリースされる事に。

19. I'll Keep Trying (Undubbed Version)

 『R.I.P.』用のオーヴァー・ダビングが施されていない大元のヴァージョン。ちなみに『the DECCA stereo anthology』(2002年)に同ヴァージョンのStereo Mixが収録されています。

20. Whenever You're Ready (Demo)

 1965年4〜6月頃に録音されたとされるデモ。

21. You'll Go From Me Aka Don't Go Away (Demo)

 こちらも 1965年4〜6月頃に録音されたとされるデモで、後に「Don't Go Away」となる曲の原型。ちなみに曲が終わった後、次の曲のスタジオ内のやり取りが挿入されています。

22. I Know She Will (Undubbed Version)
23. Don't Cry For Me (Undubbed Version)
24. If It Don't Work Out (Undubbed Version)

 『R.I.P.』用のオーヴァー・ダビングが施されていない大元のヴァージョン。ちなみに『the DECCA stereo anthology』(2002年)に同ヴァージョンのStereo Mixが収録されています。

25. One Day I'll Say Goodbye (Home Demo)

 実に興味深いクリス・ホワイト作の未発表曲。1966年に録音されたこのホーム・デモは、歌詞や曲の構成は異なりますが、その後「Maybe After He's Gone」の一部になります。

26. I Don't Want To Worry (Home Demo)

 こちらも1966年録音のホーム・デモで、クリス・ホワイト作の未発表曲。

27. A Love That Never Was (Demo)

 1966年10月録音のデモで、ロッド・アージェント作の未発表曲(リード・ヴォーカルもロッド)。ドラムのパターンがThe Beatlesの「Ticket To Ride」を彷彿とさせる。

28. Call Of The Night (Demo)

 これも興味深い1966年11月録音のデモで、クリス・ホワイト作の未発表曲。後の「Girl Help Me」の原型にあたるもので、こちらはコリンがリード・ヴォーカルを取っています。

29. Out Of The Day (Demo)

 クリス・ホワイト作の未発表曲で、1966年11月録音。どこか映画のサントラっぽい雰囲気で、途中で転調する。

30. This Will Be Our Year (Demo)

 後に『Odessey & Oracle』収録となる曲のデモで、1966年11月録音。リリース版とは異なり、ロッド・アージェントが歌っている。

31. Bunny Lake Promo Spot - To Music Of Come On Time

 映画『Bunny Lake Is Missing』(1965年)の宣伝用フィルムから起こされたもの。セリフを言っているのはクリス・ホワイトとロッド・アージェント。

Disc 4

 Disc 4はイギリス国営放送・BBCラジオでのセッションを収録。当ボックス以前に『Live On The BBC 1965-1967』(Rhino/1985年)や『5 Live Zombies』(Razor/1989年)でアルバム化されていましたが、今回は新たに初登場音源14曲+aが追加されて全29トラックに。

 The Beatlesをはじめとする60年代のBBCセッション音源同様、放送局用のマスター・テープは既に処分されていたようで、現存するコピーや放送用のレコード(番組自体が1枚のLPに収録されている)、AMラジオで流れる音をマイクで拾ってテープに録音されたもの等、録音状態の善し悪し問わず、可能な限り集められて収録されています。スタジオ・レコーディング(レコード化)されていないカヴァー曲が含まれているのも魅力の一つ。

 1〜4は1964年10月3日放送分より、共に初登場音源。Little Richardのカヴァー3「Early One Morning」はスタジオ録音未収録。4「She's Not There」ではエレクトリック・ピアノではなくVOXオルガンで演奏。

 5〜10は1965年2月6日放送『Saturday Club』より。未スタジオ録音曲8「For You My Love」はJames Brown、10「Soulville」は無名時代のAretha Franklinのカヴァー。9「Tell Her No」はエレピが故障中のため生ピアノが使われた珍しいヴァージョン。

 11,12は1965年3月6日放送の『Top Gear』より。未スタジオ録音曲11「Rip It Up」は後にJohn LennonもカヴァーしたLittle Richardの曲。

 13〜16は1965年5月1日放送『Saturday Club』より。未スタジオ録音曲13「You Must Believe Me」はCurtis Mayfield率いるThe Impressionsの曲(同時期にThe Holliesもカヴァーしていた)。初登場音源の14,15はAMラジオからマイクで音を拾ったもの(オフライン録音)で音質はまあまあ。

 17〜21は1965年10月2日放送『Saturday Club』より。どれも興味深いものばかりで、Dusty Springfieldに提供した17「If It Don't Work Out」が演奏されているほか、未スタジオ録音曲19「It's All Right」はThe Impressions、20「Will You Love Me Tomorrow」はキャロル・キング/ジェリー・ゴフィン作のThe Shirellesのカヴァー。21「When The Lovelight Starts Shining Through Her Eyes」はDiana Ross & The Supremesのカヴァー(この曲はタイトルが長いので"Lovelight"と縮められてカヴァーされている場合がある)。

 22「Just A Little Bit」は1965年11月11日放送の『The Beat Show』より。ガレージ/ビート・グループに頻繁に取り上げられているRoscoe Gordonのカヴァー。AMラジオからマイクで音を拾ったもの(オフライン録音)で音質はまあまあ。

 スウィートな23「Sitting In The Park」は1966年1月9日放送の『Easy Beat』よりBilly Stewartのカヴァー。AMラジオからマイクで音を拾ったもの(オフライン録音)で音質はまあまあ。

 24〜26は1966年1月9日放送の『Saturday Club』より。3曲共にカヴァーで、24,25はレコード化され、残る26「This Old Heart Of Mine (Is Weak For You)」はThe Isley Brothersのモータウン時代の代表曲(ちなみにこれとは別にフランスのテレビ出演時の映像も残されています)。この曲やLittle Anthony & The Imperialsの25「Goin' Out Of My Head」等、この時期のゾンビーズはツアーで共演者の曲を演奏している事が多いのが興味深い。

 27,28はBBCでの最後の演奏となった1967年10月放送の『David Symonds Show』より。27「Friends Of Mine」はCBS移籍後初&アルバムの先行シングルとして発売直前の演奏。ヴォーカルはダブル・トラックで録音されている。未レコード化28「The Look Of Love」は作曲:Burt Bacharach/作詞:Hal Davidのコンビによって書かれ、映画『Casino Royale』(1967年公開)の中でDusty Springfieldが歌っていた曲。コリン・ブランストーンの声もこの曲にマッチしており、この時期のゾンビーズらしく聖歌隊風のコーラスが聴ける。

 29「Kenny Everett Show Jingle/Medley: Time Of The Season/A Rose For Emily/Jingle/This Will Be Our Year」はアルバム『Odessey & Oracle』が発表された1968年4月放送のインタビュー。曲を挿みながら、グループの解散について語っているほか、アカペラのコーラスを披露しています。

 なお、このBBC音源は後に日本のビクター(註:29のインタビューは未収録)、ドイツのRepertoireから単独リリースされています。
(日本盤CD)

ライヴ・オン・ザ・BBCライヴ・オン・ザ・BBC
(2001/11/21)
ザ・ゾンビーズ

商品詳細を見る

(ドイツRepertoire盤)

Live At The BbcLive At The Bbc
(2003/07/21)
Zombies ゾンビーズ

商品詳細を見る

[YouTubeより]

 『Zombie Heaven』リリース時にテレビで放送されたメンバーのインタビュー。チラッとしか映らないのが残念ですが、オリジナル・メンバー5人が揃ったものとしては最後のライヴ映像を観る事が出来ます。
(作成:2004年2月6日,8月19日/更新:2014年7月18日,8月1日)
My Favorite Albumsへ戻る。
関連記事
[ 2014/07/18 21:06 ] The Zombies関連 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://benice.blog.fc2.com/tb.php/1582-3ac12d3c