Small Faces Part 3 : Small Faces (Immediate/1967)

090623f.jpg
『Small Faces』(1967年5月発表)

1. (Tell Me)Have You Ever Seen Me
2. Something I Want To Tell You
3. Feeling Lonely
4. Happy Boys Happy
5. Things Are Going To Get Better
6. My Way Of Giving
7. Green Circles

8. Become Like You
9. Get Yourself Together
10. All Our Yesterdays
11. Talk To You
12. Show Me The Way
13. Up The Wooden Hills To Bedfordshire
14. Eddie's Dreaming
◎1967年6月発表の通算3枚目のアルバム…なんですけど、厳密には2作目のオリジナル・アルバム。しかもファースト・アルバムと同じタイトル…ややこしや。

 このアルバムが出る少し前まで遡ると…シングル「All Or Nothing」(1966年8月)が全英第1位になり人気を得た反面、それに見合う報酬を得られない事や売れ線を要求され不満を募らせたバンドは、翌1967年3月発表のシングル「I Can't Make It」(全英第26位)を最後にマネージャーやデッカ・レコードとの関係を解消。一時的に別の事務所を経た後に、アンドリュー・ルーグ・オールダムが経営していたImmediate Recordsへと移籍する騒動を起こします。

 ただ、人気グループにいきなり去られた側も黙って見過ごしていたわけではなく、バンドが移籍先からの動きを見計らってレコードを発売し反撃。そんな中で出たのが『From The Beginning』。初期アウトテイクやシングル・ヒット、制作途中だった新曲までごちゃ混ぜなこのアルバムは聞き手にとっては興味深い&楽しめる内容でしたが、3週間後にニュー・アルバム(本作)を出そうとしていたバンドがこれを不快に感じたのはいうまでもなく。結果的には、新しい方向性を示した新作の方が成功を収める事になります。

 Immediateから発表されたこのアルバム、全曲がメンバーのオリジナル曲とプロデュースとなり、Decca在籍時での気合いで押し通したようなエネルギッシュなサウンドから一転、やや落ち着きを見せつつも新しい音楽を追究した結果が示されたものに。勿論1,4,6,9(後にThe Jamがカヴァー),11のような従来の延長上にあるナンバーも含まれていますが、スティーヴ・マリオットとロニー・レインの個性がヴォーカル・スタイルだけでなく作曲面でも表れ、アコースティック・ギターの多用、7「Green Circles」のようなサイケデリックの到来を告げる曲や、メロトロンやホーン・セクションを加えるといった変化も。当然ビートルズの『Revolver』も大きな刺激となっていたはずで、それ以降~『SGT...』(1967年6月)登場までのブリティッシュ・ロック・シーンの変化の過程を示したものとも捉える事も可能ではないでしょうか。

 キャッチーなシングルA面用の曲が含まれないため"即効性"は薄い分、奥行きが感じられ、聞き込む毎に味わい深くなるアルバム。
[CD各種いろいろ]

 以前にこちらのコーナーで書いた事と重なりますが、アルバム『Small Faces』のCDは1980年代後半から現在に至るまで様々な形で再発売が繰り返され、ボーナス・トラックの有無やメーカーも様々。なので「このアルバムが好きだ!」っていう話題になった時、全員が違う盤で持っていたって事が実際にありしました(笑)。ちなみに個人的に最初に買ったのはこういうジャケで…。

[1991年イギリスSequel盤]
090623n.jpg
『Green Circles,First Immediate Album』(イギリスSequel NEX CD 163/1991年)

1. Become Like You
2. Get Yourself Together
3. All Our Yesterdays
4. Talk To You
5. Show Me The Way
6. Up The Wooden Hills To Bedfordshire
7. Eddie's Dreaming
8. (Tell Me)Have You Ever Seen Me
9. Something I Want To Tell You
10. Feeling Lonely
11. Happy Boys Happy
12. Things Are Going To Get Better
13. My Way Of Giving
14. Green Circles
(Bonus Tracks)
15. Donkey Rides A Penny A Glass (Mono Single Version)
16. Green Circles (Alternate Take)
17. (Tell Me) Have You Ever Seen Me (Alternate Take)

◎1991年にイギリスのSequelというレーベルから発売されたCD。ボーナス・トラックに未発表音源が収録されて話題になった反面、ジャケットに初期メンバーのジミー・ウィンストンが写ってる上に、アルバム部分は何故かA・B面が逆に収録されているという謎な一面も…(笑)。「Become Like You」が1曲目なのは、これはこれで新鮮でした。ボーナス・トラックの「Donkey Rides A Penny A Glass」は1968年発表のシングルB面より。このCDが初出の「Green Circles (Alternate Take)」は"Take 1,Alternate mix 3"と同一音源。「(Tell Me) Have You Ever Seen Me (Alternate Take)」はヴォーカルが別テイクで、3曲共にその後複数のCDに収録されています。
[2000年日本盤CD]
スモール・フェイセススモール・フェイセス
(2000/09/21)
スモール・フェイセス

商品詳細を見る

1. (Tell Me)Have You Ever Seen Me
2. Something I Want To Tell You
3. Feeling Lonely
4. Happy Boys Happy
5. Things Are Going To Get Better
6. My Way Of Giving
7. Green Circles
8. Become Like You
9. Get Yourself Together
10. All Our Yesterdays
11. Talk To You
12. Show Me The Way
13. Up The Wooden Hills To Bedfordshire
14. Eddie's Dreaming

◎で、その後に英Charly盤、1994年にドイツのRepertoire盤(ボーナスあり)、日本テイチク盤(Repertoire盤と同内容)等が発売された後、2000年に日本盤の権利がビクターに移行。その時に初めて紙ジャケが発売になりました。

 紙ジャケットの出来は上々。解説書も充実したものに。ところがリマスターされているはずの音源が、何故か左右が逆、しかもアナログ起こしでスクラッチ・ノイズも聞こえる。特に「Show Me The Way」のイントロが「ぐにゃぁ~っ」となっているのには唖然とさせられました。出たもの全て集めている方は別として、もし中古で見かけても購入は控えた方がいいと思います。なおこれに関しては関連サイトに検証レビューが掲載されていますので(僕とは若干見解が異なる部分もあります)そちらもご参照ください。
http://www.indierom.com/kami/db/vicm.htm#imm
[2002年イギリスSanctuary盤2枚組CD]
Small FacesSmall Faces
(2002/10/29)
The Small Faces

商品詳細を見る

[Disc 1:The Original UK Album,Stereo]
1. (Tell Me)Have You Ever Seen Me
2. Something I Want To Tell You
3. Feeling Lonely
4. Happy Boys Happy
5. Things Are Going To Get Better
6. My Way Of Giving
7. Green Circles
8. Become Like You
9. Get Yourself Together
10. All Our Yesterdays
11. Talk To You
12. Show Me The Way
13. Up The Wooden Hills To Bedfordshire
14. Eddie's Dreaming
(Bonus Tracks)
15. I Can't Make It (Stereo Version)
16. Just Passing (Stereo Version)
17. Here Comes The Nice (Stereo Version)
18. Itchycoo Park (Stereo Version)
19. I'm Only Dreaming (Stereo Version)
20. Tin Soldier (Stereo Version)
21. I Feel Much Better (Stereo Version)
22. Don't Burst My Bubble (Stereo Version)
23. Things Are Going To Get Better (Alternate Version)
24. Green Circles (Slow Version)

[Disc 2:The Original UK Album,Mono]
1. Album Sampler
2. (Tell Me)Have You Ever Seen Me
3. Something I Want To Tell You
4. Feeling Lonely
5. Happy Boys Happy
6. Things Are Going To Get Better
7. My Way Of Giving
8. Green Circles (Mono Version)
9. Become Like You
10. Get Yourself Together (Mono Version)
11. All Our Yesterdays
12. Talk To You
13. Show Me The Way
14. Up The Wooden Hills To Bedfordshire
15. Eddie's Dreaming
(Bonus Tracks)
16. I Can't Make It (Mono Single Version)
17. Just Passing (Mono Single Version)
18. Here Comes The Nice (Mono Single Version)
19. Itchycoo Park (Mono Single Version)
20. I'm Only Dreaming (Mono Single Version)
21. Tin Soldier (Mono Single Version)
22. I Feel Much Better (Mono Single Version)
23. (Tell Me)Have You Ever Seen Me (Alternate Version/Stereo)
24. Green Circles (USA Mix/Stereo)

◎2002年にはイギリスのSanctuaryでモノ・ステレオ両ミックスが収録された2枚組"35th Anniversary Edition"が発売になりましたが、残念ながら日本盤の発売は見送られました。
[2006年日本盤紙ジャケCD]
スモール・フェイセス(K2HD/紙ジャケット仕様)スモール・フェイセス(K2HD/紙ジャケット仕様)
(2006/01/12)
スモール・フェイセス

商品詳細を見る

◎さらに2006年には"K2HD Coding"というマスタリング技術を取り入れた紙ジャケットCDがリリース。帯は金色に変更。ボーナス・トラックは未収録でしたが、別マスターを使用したようで、音質はかなり改善されました。ここでフィニッシュかと思っていたら、2009年に新たな紙ジャケが登場します。
[2009年日本盤紙ジャケSHM-CD]

スモール・フェイセス+21(紙ジャケット仕様)スモール・フェイセス+21(紙ジャケット仕様)
(2009/06/24)
スモール・フェイセス

商品詳細を見る

(Track 1~14 : Stereo Mix)

1. (Tell Me)Have You Ever Seen Me
2. Something I Want To Tell You
3. Feeling Lonely
4. Happy Boys Happy
5. Things Are Going To Get Better
6. My Way Of Giving
7. Green Circles
8. Become Like You
9. Get Yourself Together
10. All Our Yesterdays
11. Talk To You
12. Show Me The Way
13. Up The Wooden Hills To Bedfordshire
14. Eddie's Dreaming

(Bonus Tracks)

15. I Can't Make It (Stereo Version)
16. Just Passing (Stereo Version)
17. Don't Burst My Bubble (Stereo Version)
18. (Tell Me)Have You Ever Seen Me (Alternate Version)
19. Things Are Going To Get Better (Alternate Version)
20. Green Circles (Slow Version)

(Track 21~34 : Mono Mix)

21. (Tell Me)Have You Ever Seen Me
22. Something I Want To Tell You
23. Feeling Lonely
24. Happy Boys Happy
25. Things Are Going To Get Better
26. My Way Of Giving
27. Green Circles (Mono Version)
28. Become Like You
29. Get Yourself Together (Mono Version)
30. All Our Yesterdays
31. Talk To You
32. Show Me The Way
33. Up The Wooden Hills To Bedfordshire
34. Eddie's Dreaming

35. Album Sampler

◎2009年6月24日に発売された再発盤。内訳は以下の通り。

🔵 紙ジャケット仕様
🔵 盤はSHM-CDを採用
🔵 ブックレットには解説・歌詞・対訳付
🔵 解説書には「Small Faces Story Part 1(1965.1-1967.6)」、解説、ボーナス・トラック解説を掲載

 音源は2002年イギリス盤"35th Anniversary Edition"を基調に、1~14がステレオ、15~20にはアルバム未収録曲や別ヴァージョン、21~34がモノラル、35は「Album Sampler」という構成。
[2012年デラックス・エディション]

(2012年イギリスCHARLY盤)

Small FacesSmall Faces
(2012/05/08)
Small Faces

商品詳細を見る


(2016年輸入国内盤仕様)

『SMALL FACES (DELUXE EDITION)』(CD=MSI MSIG1065/2016年4月25日発売予定。英文ライナー対訳付き)

(2012年UNIVERSAL盤)

Small Faces: Deluxe EditionSmall Faces: Deluxe Edition
(2012/05/15)
Small Faces

商品詳細を見る


(配信版)
iTunes Store配信版
Amazon MP3配信版

[Disc 1:The Original Mono Album]
1. (Tell Me)Have You Ever Seen Me
2. Something I Want To Tell You
3. Feeling Lonely
4. Happy Boys Happy
5. Things Are Going To Get Better
6. My Way Of Giving
7. Green Circles
8. Become Like You
9. Get Yourself Together
10. All Our Yesterdays
11. Talk To You
12. Show Me The Way
13. Up The Wooden Hills To Bedfordshire
14. Eddie's Dreaming
(Bonus Tracks : Mono)
15. Here Comes The Nice
16. Itchycoo Park
17. I'm Only Dreaming
18. Tin Soldier
19. I Feel Much Better
20. (Tell Me)Have You Ever Seen Me (Alternate Mix)
21. Eddie's Dreaming (Alternate Mix)
22. Green Circles (Take 1:Alternate Mix 3)

[Disc 2 : The Original Stereo Album]
1. (Tell Me)Have You Ever Seen Me
2. Something I Want To Tell You
3. Feeling Lonely
4. Happy Boys Happy
5. Things Are Going To Get Better
6. My Way Of Giving
7. Green Circles
8. Become Like You
9. Get Yourself Together
10. All Our Yesterdays
11. Talk To You
12. Show Me The Way
13. Up The Wooden Hills To Bedfordshire
14. Eddie's Dreaming
(Bonus Tracks : Stereo except *Mono)
15. Just Passing
16. Itchycoo Park
17. Here Comes The Nice
18. Don't Burst My Bubble
19. Things Are Going To Get Better (Alternate Version)
20. I Can't Make It (Session Version)
21. Green Circles (Alternate Take 2)*
22. Tin Soldier
23. (If You Think You're) Groovy (Backing Track)*

◎2012年にSmall Facesの60年代のアルバムがリマスター&2枚組デラックス・エディション化。輸入盤はヨーロッパ圏での権利関係の都合上UniversalとCharlyの2社から発売され、それぞれパッケージのデザインが異なります。ただし収録された音源は同一(追記:CHARLY盤に英文ライナーの対訳付きのものが2016年4月25日に発売予定)。

 オリジナル・アルバムのMono/Stereo両ミックスに加え、シングルのみの曲、別ヴァージョン/別ミックス、新たに発掘された音源も収録。ただし「I'm Only Dreaming」「I Feel Much Better」のStereo Mixは何故か未収録。

[2012年紙ジャケット仕様日本盤]

スモール・フェイセス(デラックス・エディション)(K2HD/紙ジャケット仕様)スモール・フェイセス(デラックス・エディション)(K2HD/紙ジャケット仕様)
(2012/07/25)
スモール・フェイセス

商品詳細を見る

◎2012年リマスターの日本盤は紙ジャケット仕様で、ややこしいことに上記輸入盤とは構成やボーナス・トラックの内容が異なっています。Disc 1にアルバムのMono & Stereo両ミックスに別ヴァージョン各種、Disc 2にシングル曲や別ヴァージョン等を収録。
[おまけ:ヴァージョン/ミックス違い]

 このアルバムのヴァージョン/ミックス違いを個人的に把握している範囲内でご紹介します。ちなみに文章中の「一般的に流通しているStereo Mix」は、アルバム収録曲がステレオで収録されているCD全般を指します。それらを全て羅列すると膨大な量になるため割愛した事、ヴァージョン表記は、同一音源にも拘らず表現が異なる場合があるためこちらで独自で付けたものも多く、実際のCDのクレジットとは異なるものも含まれている事をあらかじめご了承ください。

 なんとか下記にまとめてみましたが正直なところよく把握していない部分も多く、もし抜けや誤り等がありましたらすみません(…と、念のため始めに書いてみる)。

(Tell Me) Have You Ever Seen Me

a : Version 1 (Mono)

 この曲には複数のヴァージョン違いが存在しますが、ベーシック・トラック(演奏)は全て同一テイク。リード・ヴォーカルは大きく分けて3種類あり、その他コーラス・パートやテープ・スピード等に違いあり。

 この"Version 1"は未完成段階のラフ・ミックスと呼べそうなもので、(直前にレーベルを移籍した)バンドに無断でリリースされてしまった…というCDのライナーでも読める話はとりあえず置いといて、ややこしくなるので特徴を挙げると…。

● リード・ヴォーカルはbとは別テイクで、シングル・トラック。
● タンバリン : なし。
● 50秒付近の「Words seem out of place〜っ♪」の部分でハーモニー・パートあり。リバーブは深め。
● メロトロン:なし。
● テープ・スピードの操作 : なし。

 ちなみにこの曲が入っている編集盤CDがDECCAかDERAM等のUNIVERSAL系列レーベルの場合、この"Version 1"で収録されています。
(主な収録CD)
◉『From The Beginning』(CD各種)
◉『the anthology 1965-1967』(1996年) etc.

b : Version 2 (Mono)

 アルバム『Small Faces』(1967年)収録のMono Mix。『From The Beginning』が先に発売されたためにこちらを"Version 2"としましたが、メンバーが"完パケ"として正式リリースしたのはこちらの方(とそのStereo Mixのc)。aとはヴォーカル・パートが異なり、メロトロンが加わっているほか、ピッチ(テープ・スピード)が半音上げられています。

● リード・ヴォーカルはaとは別テイクで、ダブル・トラック。
● タンバリン : あり。
● 48秒〜1分2秒付近の「Words seem out of place〜っ♪」の部分でハーモニー・パート : なし。
● メロトロン : あり。
● テープ・スピードの操作 : あり。aよりも速くなっています。

(主な収録CD)
◉『Small Faces』(Sanctuary CMDDD 553/2002年)
◉『スモール・フェイセス+21』(2009年日本盤)
◉『Small Faces (Deluxe Edition)』(Charly 642 X/2012年)
◉『スモール・フェイセス(デラックス・エディション)』(2012年日本盤)

c : Version 2 (Stereo)

 一般的に流通している、アルバム『Small Faces』(1967年)収録ヴァージョンのStereo Mix。こちらもテープ・スピードが上げられています。

● リード・ヴォーカルはaとは別テイクで、ダブル・トラック。
● タンバリン : あり。
● 48秒〜1分2秒付近の「Words seem out of place〜っ♪」の部分でのハーモニー・パート : なし。
● メロトロン : あり。
● テープ・スピードの操作 : あり。aよりも速くなっています。

d : Version 2/Promotional DJ Version (Mono)

 1968年にアメリカのAMラジオ向けの宣伝用に作成されたとされる音源(モノラル)で、cのStereo Mixの右側部分のみをモノラル化してあるため、ドラムの音がイントロ以外で消えています。
(収録CD)
◉『There Are But Four Small Faces』(CHARLY X 672/2014年)

e : Version 3/Alternate Mix (Mono)

● リード・ヴォーカルはaとは別テイクで、下記で紹介するf,gとは同一。シングル・トラック。
● 歌い出しの12秒付近〜34秒付近までアコースティック・ギターがカットされている。
● タンバリン : あり。
● 50秒〜1分3秒付近の「Words seem out of place〜っ♪」の部分で1オクターブ高いハーモニー・パート : あり。
● メロトロン : あり。
● テープ・スピードの操作 : 無し。
(主な収録CD)
◉『Small Faces (Deluxe Edition)』(Charly 642 X/2012年)
◉『スモール・フェイセス(デラックス・エディション)』(2012年日本盤)

f : Version 3/Alternate Mix (Stereo)

 1991年に発掘された別ミックスで、CDによっては"Version 3"や"Alternate Take"と表記されている場合がありますが、ここではVersion 3という表記とCDの表記を組み合わせて書いてみました。eのステレオ版とも言えそうですが、eの前半でカットされていたアコースティック・ギターはカットされずそのまま収録されています。

● リード・ヴォーカルはaとは別テイクでeと同一。シングル・トラック。
● タンバリン : あり。
● 50秒〜1分3秒付近の「Words seem out of place〜っ♪」の部分で1オクターブ高いハーモニー・パート : あり。
● メロトロン : あり。
● テープ・スピードの操作 : 無し。
(主な収録CD)
◉『Green Circles,First Immediate Album』(英Sequel盤/1991年)
◉『There Are But Four Small Faces』(米Sony盤/1991年)
◉『The Immediate Years』(Charly CD IMM BOX 1/1995年)
◉『The Immediate Anthology 1967-1969』(TEICHIKU TECW-30250〜1/1996年)
◉『Rarities』(ビクター エンタテインメント VICP-61141/2000年)
◉『Immediate Hits - Mod Rarities』(Fruit Free FT-819/2002年)
◉『Small Faces』(Sanctuary CMDDD 553/2002年)
◉『スモール・フェイセス+21』(2009年日本盤)
◉『スモール・フェイセス(デラックス・エディション)』(2012年日本盤)

d : Version 3/Alternate Take 2 (Mono)

 2012年に発掘された"Alternate Take 2"。やはり基本テイクは同一で、ヴォーカルのみVersion 1,2とは別テイク。

● リード・ヴォーカルはaとは別テイクでe,fと同一。シングル・トラック。
● バッキング・ヴォーカルなし。e,fの前段階と思って良さそうです。
● 50秒付近の「Words seem out of place〜っ♪」の部分でハーモニー・パート : なし。
● メロトロン : あり。
● テープ・スピードの操作 : なし。
(主な収録CD)
◉『From The Beginning (Deluxe Edition)』(2012年)

Something I Want to Tell You

a : Mono Mix

 オリジナルのMono Mix。90年代以降の編集盤CDに"Alternate Mix"と表記のあるものもこれに該当します。Stereo Mixとの主な違いは2点。

●最初の間奏(32〜49秒付近)でStereo Mixではピアノが大きく入っているのに対し、Mono Mixではかなり小さく入っている。
●フェイド・アウトはMonoの方が2〜3秒早く終わる。
(主な収録CD)
◉『The Definitive Anthology Of The Small Faces』 (ドイツREPERTOIRE REP 4429-WO/1995年)
◉『The Immediate Anthology 1967-1969』(TEICHIKU TECW-30250〜1/1996年)
◉『Rarities』(ビクター エンタテインメント VICP-61141/2000年)
◉『Small Faces』(Sanctuary CMDDD 553/2002年)
◉『スモール・フェイセス+21』(2009年日本盤)
◉『Small Faces (Deluxe Edition)』(Charly 642 X/2012年)
◉『スモール・フェイセス(デラックス・エディション)』(2012年日本盤)


b : Stereo Mix

 一般的に流通しているステレオ・ミックスは配置が右=リード・ヴォーカル、左=演奏、中央=ピアノ。また、最初の間奏でMonoではピアノはかなり小さく入っていましたが、Stereoでは音量は大きめ。フェイド・アウトも若干長め。

Feeling Lonely

a : Mono Mix

 オリジナルのMono Mix。Stereo Mixよりもピッチが若干速め。
(主な収録CD)
◉『Small Faces』(Sanctuary CMDDD 553/2002年)
◉『スモール・フェイセス+21』(2009年日本盤)
◉『Small Faces (Deluxe Edition)』(Charly 642 X/2012年)
◉『スモール・フェイセス(デラックス・エディション)』(2012年日本盤)

b : Stereo Mix

 一般的に流通しているステレオ・ミックス。ピッチ以外にMonoとの大きな差異はなし。

Happy Boys Happy

a : Mono Mix

 オリジナルのMono Mix。
(主な収録CD)
◉『Small Faces』(Sanctuary CMDDD 553/2002年)
◉『スモール・フェイセス+21』(2009年日本盤)
◉『Small Faces (Deluxe Edition)』(Charly 642 X/2012年)
◉『スモール・フェイセス(デラックス・エディション)』(2012年日本盤)

b : Duophonic Mix

 一般的に流通しているもので、右=高音、左=低音に音質を調整した疑似ステレオ・ミックス。ちなみに音がハッキリと分離しているStereo Mixは存在しません(2014年現在)。

Things Are Going to Get Better

a : Mono Mix

 オリジナルのMono Mix。
(主な収録CD)
◉『Small Faces』(Sanctuary CMDDD 553/2002年)
◉『スモール・フェイセス+21』(2009年日本盤)
◉『Small Faces (Deluxe Edition)』(Charly 642 X/2012年)
◉『スモール・フェイセス(デラックス・エディション)』(2012年日本盤)

b : Stereo Mix

 一般的に流通しているステレオ・ミックス。aとの大きなヴァージョン違いはなし。

c : Alternate Version

 1995年発表の2枚組編集盤で登場した別ヴァージョン("Alternate Take"と表記されているものもありますが、テイク自体はa,bと同一)で、a,bにはない口笛やコーラスが登場する。
(主な収録CD)
◉『The Definitive Anthology Of The Small Faces』 (ドイツREPERTOIRE REP 4429-WO/1995年)
◉『The Immediate Anthology 1967-1969』(TEICHIKU TECW-30250~1/1996年)
◉『Rarities』(ビクター エンタテインメント VICP-61141/2000年)
◉『Small Faces』(Sanctuary CMDDD 553/2002年)
◉『スモール・フェイセス+21』(2009年日本盤)
◉『Small Faces (Deluxe Edition)』(Charly 642 X/2012年)
◉『スモール・フェイセス(デラックス・エディション)』(2012年日本盤)

d : Take 14,Session Version

 2012年に発掘された音源で、マルチ・トラック・テープから新たに作成されたもの。aよりもピッチが若干速めで、フェイド・アウトも微妙に長い。
(主な収録CD)
◉『From The Beginning (Deluxe Edition)』(2012年)

My Way of Giving

a : Version 1(Mono)

 この曲には複数のヴァージョン違いが存在しますが、ベーシック・トラック(演奏)は全て同一テイク。この"Version 1"は完成前のラフ・ミックスと呼べるもので、下記で紹介するヴァージョンとはヴォーカル・パートやテープ・スピードが異なります。ちなみにこの曲が入っている編集盤CDがDECCAかDERAM等のUNIVERSAL系列レーベルの場合、この"Version 1"で収録されています。

● リード・ヴォーカルは別テイク。
● バッキング・ヴォーカルも別テイクで、「Don't Worry Baby〜っ♪」という他のヴァージョンには登場しないパートが登場する。
(主な収録CD)
◉『From The Beginning』(CD各種)
◉『the anthology 1965-1967』(1996年) etc.

b : Version 2 (Mono Mix)

 アルバム『Small Faces』(1967年)収録のMono Mix。『From The Beginning』が先に発売されたためにこちらを"Version 2"としましたが、メンバーが"完パケ"として正式リリースしたのはこちらの方(とそのStereo Mixのc)。

● aとはリード・ヴォーカルやバッキング・ヴォーカルのパターンが異なる。
● アコースティック・ギター : あり。
● テープ・スピードの操作 : あり。aとbの中間のスピード。
(主な収録CD)
◉『Small Faces』(Sanctuary CMDDD 553/2002年)
◉『スモール・フェイセス+21』(2009年日本盤)
◉『Small Faces (Deluxe Edition)』(Charly 642 X/2012年)
◉『スモール・フェイセス(デラックス・エディション)』(2012年日本盤)

c : Version 2 (Stereo Mix)

 一般的に流通している、アルバム『Small Faces』(1967年)収録ヴァージョンのStereo Mix。

● aとはリード・ヴォーカルやバッキング・ヴォーカルのパターンが異なる。
● アコースティック・ギター : あり。
● テープ・スピードの操作 : あり。aよりも速くなっています。

d : Version 2/Promotional DJ Version (Mono)

 1968年にアメリカのAMラジオ向けの宣伝用に作成されたとされる音源で、どうやらcのStereo Mixをモノラルに変換したもののようです。
(収録CD)
◉『There Are But Four Small Faces』(CHARLY X 672/2014年)

Green Circles

 この曲に関しては複数のヴァージョン/テイク違いがかなり混乱気味に存在します。

a : take 1,alternate mix 2

 スティーヴ・マリオットがリード・ヴォーカルのTake 1(Mono)の"alternate mix 2"。"Take 1"と表記の通り、アルバム『Small Faces』収録版とは異なる初期別テイクで、演奏の前に物音やカウントが入る。従来聴けたもの(bの音源)にはオーヴァー・ダビングによる2つ目のバッキング・ヴォーカルが入っていましたが、こちらはそれを入れる前段階のために入っていない。
(収録CD)
◉『There Are But Four Small Faces』(CHARLY X 672/2014年)

b : Take 1,Alternate mix 3

 1991年になって発掘されたもので、CDによって"Version 2""Alternate Take""Slow Version"等表記が違っていたり、カウントがカットされているものもありますが、それらはすべてこの"Take 1,Alternate mix 3"。

 aの"take 1,alternate mix 2"とは基本部分は同じですが、それには含まれていない2つ目のバッキング・ヴォーカルが入っている(2分15秒付近でスティーヴ・マリオットが一瞬笑う声が聞こえる)。ちなみに一番尺が長い音源は2012年リマスター盤で、カウントの前にピアノの音が入る。
(主な収録CD)
◉『Green Circles,First Immediate Album』(英Sequel盤/1991年)
◉『There Are But Four Small Faces』(米Sony盤/1991年)
◉『The Immediate Years』(Charly CD IMM BOX 1/1995年)
◉『Small Faces』(Sanctuary CMDDD 553/2002年)
◉『スモール・フェイセス+21』(2009年日本盤)
◉『Small Faces (Deluxe Edition)』(Charly 642 X/2012年)
◉『スモール・フェイセス(デラックス・エディション)』(2012年日本盤)

c : Original Mono Mix

 イギリス盤オリジナル・アルバム『Small Faces』のモノラル盤に収録されたMono Mix。a,bとはテイクが異なり、エンディングではフェイズ処理が施されています(Stereo Mixとはかかり方が微妙に異なる)。2002年にCD化され、現在は現行リマスター盤で入手可能。
(主な収録CD)
◉『Small Faces』(Sanctuary CMDDD 553/2002年)
◉『スモール・フェイセス+21』(2009年日本盤)
◉『Small Faces (Deluxe Edition)』(Charly 642 X/2012年)
◉『スモール・フェイセス(デラックス・エディション)』(2012年日本盤)

d : UK Stereo Mix

 イギリス盤オリジナル・アルバム『Small Faces』のステレオ盤収録された、一般的に流通しているステレオ・ミックス。音の配置は中央=演奏、右=リード・ヴォーカル+コーラス、左=コーラス。エンディングではフェイズ処理が施されていますが、Mono Mixとはかかり方が微妙に異なります。

e : USA Mix

 アメリカ編集アルバム『There Are But Four Small Faces』(1968年)に収録されていた別ミックスで、音の配置はdと同じですが、エンディングのフェイズ処理が無く、ピッチも遅い(a,bの初期テイクと同じ音程)。メンバーが承認したミックスではなかったようで、今回のCDには未収録。

 この"USA Mix"はマスターが行方不明のようで、LP盤から起こしてノイズ除去をした音源がCD4枚組ボックス・セット『The Immediate Years』(1995年)に収録されて以降様々なCDに流用されていますが、音質に難ありというのが正直なところで…。実はそれ以前の1988年頃に『Lazy Sunday』(スペインSoundwings 101.1001-2)というCDにも収録されていた事があり、少なくともそのCD方が音の状態は良好(80年代のCDなので音質自体はまあまあ…)。
(主な収録CD)
◉『Lazy Sunday』(スペインSoundwings 101.1001-2/1988年頃)
◉『The Immediate Years』(Charly CD IMM BOX 1/1995年)
◉『The Immediate Anthology 1967-1969』(TEICHIKU TECW-30250〜1/1996年)
◉『Rarities』(ビクター エンタテインメント VICP-61141/2000年)
◉『Small Faces』(Sanctuary CMDDD 553/2002年)
◉『There Are But Four Small Faces』(2009年日本盤)
◉『スモール・フェイセス(デラックス・エディション)』(2012年日本盤) etc...

f : Alternate Take 2

 2012年に発掘された音源で、演奏はc,d,eと同一ですが、ヴォーカル・パートが別テイク。ピッチはeと同じ…ってことは、c,dはミックスの段階でテープ・スピードを上げたって事か。a,bのTake 1とリリース・ヴァージョンの過渡期的な印象があり、この音源でもエンディングでフェイズ処理が施されています。
(収録CD)
◉『Small Faces (Deluxe Edition)』(Charly 642 X/2012年)
◉『スモール・フェイセス(デラックス・エディション)』(2012年日本盤)

g : Italian Version

 こちらはイタリア語で歌っているヴァージョンで、コーラスも「アー…♪」とシンプルなものに替わり、他のヴァージョンでは聴けないベースが入っています。2006年発表のスティーヴ・マリオット名義の3枚組CDが初出。
(主な収録CD)
◉『TIN SOLDIER STEVE MARRIOTT ANTHOLOGY』(Sanctuary CMETD 935/2006年)

g : "Hidden Track"

 その名の通り、"隠しトラック"。1999年発表の2枚組編集盤CDのラストに、短いインストゥルメンタルの別テイク(Mono)が収録されています。
(収録CD)
◉『The Darlings Of Wapping Wharf Launderette The Immediate Anthology』(Sequel Records NEECD 311/1999年)

Become Like You

a : Mono Mix

 オリジナルのMono Mix。Stereo Mixではエンディング直前にピアノが大きく入りますが、Mono Mixでは殆ど聞こえない。
(主な収録CD)
◉『Small Faces』(Sanctuary CMDDD 553/2002年)
◉『スモール・フェイセス+21』(2009年日本盤)
◉『Small Faces (Deluxe Edition)』(Charly 642 X/2012年)
◉『スモール・フェイセス(デラックス・エディション)』(2012年日本盤)

b : Stereo Mix

 一般的に流通しているステレオ・ミックス。エンディング直前にピアノが入る。

Get Yourself Together

a : Mono Mix

 オリジナルのMono Mix。Stereo Mixでは聴けないバッキング・ヴォーカルが2ヶ所あり。
(主な収録CD)
◉『Small Faces』(Sanctuary CMDDD 553/2002年)
◉『スモール・フェイセス+21』(2009年日本盤)
◉『Small Faces (Deluxe Edition)』(Charly 642 X/2012年)
◉『スモール・フェイセス(デラックス・エディション)』(2012年日本盤)
◉『There Are But Four Small Faces』(CHARLY X 672/2014年)

b : Stereo Mix

 一般的に流通しているStereo Mixでは1分7秒〜1分10秒付近、1分50秒の2ヶ所のバッキング・ヴォーカルがカットされています。

c : early Mix

 2014年に発掘された初期ステレオ・ミックス。アセテート盤が音源のようで、針が溝を通る音が若干聞こえます。違いはMono Mixには入っていて通常のStereo Mixではカットされていた、1分11秒付近と1分50秒付近のバッキング・ヴォーカルが含まれています。
(収録CD)
◉『There Are But Four Small Faces』(CHARLY X 672/2014年)

All Our Yesterdays

a : Mono Mix

 オリジナルのMono Mix。
(主な収録CD)
◉『Small Faces』(Sanctuary CMDDD 553/2002年)
◉『スモール・フェイセス+21』(2009年日本盤)
◉『Small Faces (Deluxe Edition)』(Charly 642 X/2012年)
◉『スモール・フェイセス(デラックス・エディション)』(2012年日本盤)

b : Stereo Mix

 一般的に流通しているStereo Mix。Mono Mixよりもフェイド・アウトが僅かに長い。

c : Take 7/Backing Track

 2012年に発掘された音源で、別テイク(Take 7)のバッキング・トラック(モノラル)。リリース版のa,bよりテンポが速めで、尺もやや長め。
(主な収録CD)
◉『From The Beginning (Deluxe Edition)』(2012年)

Talk to You

a : Mono Mix

 シングルB面及びアルバム『Small Faces』(1967年)のモノラル盤に収録されていたオリジナルのMono Mix。
(主な収録CD)
◉『The Immediate Years』(Charly CD IMM BOX 1/1995年)
◉『Immediate Hits - Mod Rarities』(Fruit Free FT-819/2002年)
◉『Small Faces』(Sanctuary CMDDD 553/2002年)
◉『スモール・フェイセス+21』(2009年日本盤)
◉『イン・メモリアム+15』(2009年日本盤)
◉『Small Faces (Deluxe Edition)』(Charly 642 X/2012年)
◉『スモール・フェイセス(デラックス・エディション)』(2012年日本盤)

b : Stereo Mix

 一般的に流通しているステレオ・ミックス。

c : Take 5/Backing Track

 2012年に発掘された音源で、別テイク(Take 5)のバッキング・トラック(モノラル)。リリース版よりもテンポが遅く、尺もやや長め。
(主な収録CD)
◉『From The Beginning (Deluxe Edition)』(2012年)

Show Me the Way

a : Mono Mix

 オリジナルのMono Mix。
(主な収録CD)
◉『Small Faces』(Sanctuary CMDDD 553/2002年)
◉『スモール・フェイセス+21』(2009年日本盤)
◉『Small Faces (Deluxe Edition)』(Charly 642 X/2012年)
◉『スモール・フェイセス(デラックス・エディション)』(2012年日本盤)
◉『There Are But Four Small Faces』(CHARLY X 672/2014年)

b : Stereo Mix

 一般的に流通しているステレオ・ミックス。

c : Take 3/Backing Track

 2012年に発掘された音源で、別テイクのバッキング・トラック(モノラル)。ハープシコードではなくピアノが使用されており、演奏は途中で終了。
(主な収録CD)
◉『From The Beginning (Deluxe Edition)』(2012年)

d : Take 5,Alternate Mix

 2014年に新たに4トラック・テープから作成された別ミックスで、カウントから始まり、ハーモニー・ヴォーカルが含まれていない。バス・ドラムの音も以前よりやや鮮明になった印象。
(収録CD)
◉『There Are But Four Small Faces』(CHARLY X 672/2014年)

Up the Wooden Hills to Bedfordshire

a : Mono Mix

 オリジナルのMono Mix。
(主な収録CD)
◉『Small Faces』(Sanctuary CMDDD 553/2002年)
◉『スモール・フェイセス+21』(2009年日本盤)
◉『Small Faces (Deluxe Edition)』(Charly 642 X/2012年)
◉『スモール・フェイセス(デラックス・エディション)』(2012年日本盤)

b : Stereo Mix

 一般的に流通しているStereo Mix。

Eddie's Dreaming

a : Mono Mix

 オリジナルのMono Mix。Stereo Mixよりも若干ピッチが速め。
(主な収録CD)
◉『Small Faces』(Sanctuary CMDDD 553/2002年)
◉『スモール・フェイセス+21』(2009年日本盤)
◉『Small Faces (Deluxe Edition)』(Charly 642 X/2012年)
◉『スモール・フェイセス(デラックス・エディション)』(2012年日本盤)

b : Stereo Mix

 一般的に流通しているステレオ・ミックス。フェイド・アウトはMono Mixよりもやや長めで、エンディングの話し声もやや遅れて登場する(※2000年発売の日本盤CDはアナログ盤から起こされた上、エンディングがカットされています)。

c : Alternate Mix

 2012年に発掘されたモノラルの別ミックス。aとの違いをいくつか挙げると…。
●冒頭に"Take 4"というアナウンスが入る。
●間奏でバック・ヴォーカルが入っている。
●間奏後のリード・ヴォーカルのテイクが異なる。

●エンディングでの話し声は未収録。
(収録CD)
◉『Small Faces (Deluxe Edition)』(Charly 642 X/2012年)
◉『スモール・フェイセス(デラックス・エディション)』(2012年日本盤)

d : Take 4, Mix 1

 "Take 4, Mix 1"と表記されているもので、冒頭にエンジニアによるテイクのアナウンスが入っています。その後の演奏は通常のStereo Mixと同じ…かと思ったら、フェイド・アウトが若干早めに始まり、ラストの喋り声も若干早めに登場する。
(収録CD)
◉『There Are But Four Small Faces』(CHARLY X 672/2014年)
…という事で、次回『Ogdens' Nut Gone Flake』へ、つづく。

(作成:2009年6月23日/更新:2012年7月7日,2014年5月12日,2016年3月14日)
関連記事
[ 2009/06/23 21:06 ] Small Faces関連 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://benice.blog.fc2.com/tb.php/811-c877322a