Love : Forever Changes "Collector's Edition"

080425b.jpg
 またしばらく間が出来てしまいましたが、毎日何かしらは書いてはいるんですけど、
うまくまとめられず没ったり保留のままだったりします、はい…。

あと、The Moveの『Looking On』のリマスター盤、発売日はとっくに過ぎたにもかかわらず入荷する気配がなかったのですが、今日新宿のユニオンに行ったら2枚程置いてあるのを見かけました。僕ももう少し経ったら入手出来ると思いますので、入手次第作業に取りかかる予定です。予定は未定なのでどうなるかは判りませんが、無事に発売されましたというご報告という事で。
080425a.jpg

 で、今日はCDのご紹介を。1967年11月にリリースされ、アメリカでは最高154位と振るわなかったにも関わらず、イギリスを中心にヨーロッパで高く評価され、以降現在に至までじわじわとですが売れ続けている、アーサー・リー率いるLoveのサード・アルバム『Forever Changes』の2枚組"Collector's Edition"がアメリカのRhinoからリリースされました。

 ちなみにCDは7曲のボーナス・トラックが収録された"デラックス・エディション"が2001年に日本盤でもリリースされ、2006年には米Rhinoから紙ジャケ仕様(盤はアメリカ製、ジャケは日本製)がリリースされましたが、今回出たものが恐らく最強なのではないかと。
ジャケットはデジ・パック仕様で、ユニヴァーサルから出ているデラックス・エディションのシリーズ同様、プラスチックのケースに入れられています。

 Disc 1はオリジナル・アルバムをそのまま収録。ボーナス・トラックはなし。2001年盤と聴き比べてみましたが、特に差異はないような気がします(たぶん)。
 
 で、今回の聴き所はDisc 2だったりするわけで。2001年のリイシューの際には全曲のマルチ・トラック・マスターが見つからなかったそうなんですが、あとになってそれが見つかったようで(デジ・パック仕様のトレーの下にテープ・ボックスの写真が印刷されている)、1~11はアルバム全曲のRemix Versionを収録。アコースティック・ギターの音やヴォーカルがさらに鮮明に聞こえ、結構生々しい。「Alone Again Or」はヴォーカルが中央ではなく左右に振られ、推測ですが恐らくBryan MacLeanが意図したものに近づいているのではないでしょうか。

 他は曲によってカウントが入ったり、エンディングが違っていたり・・・と、聴き所や新たな発見も多くありますので、既に「このアルバムが大好きな方」はお薦めしたいと思います・・・という書き方をしましたけど、かなり地味かつ内省的な歌が中心で、アコースティック・ギターをメインにちょっとサイケがかったフォーク・ロックなサウンドなので、人によっては中々ストレートに入らず、聴いてる途中で眠くなったり、巷で名盤と呼ばれている理由が判らないという方もいると思われるので、こういう書き方をしていますが・・・本当はそういう風に書かなくてもいいんでしょうけども。
つづく。
Forever ChangesForever Changes
(2008/05/06)
LoveArthur Lee

商品詳細を見る

本日のBGM:Young Marble Giants「N.I.T.A.」(from"Colossal Youth"1980)

コロッサル・ユース&コレクテッド・ワークスコロッサル・ユース&コレクテッド・ワークス
(2007/07/28)
ヤング・マーブル・ジャイアンツ

商品詳細を見る

関連記事
[ 2008/04/25 23:05 ] 音楽 (アメリカ) | TB(0) | CM(2)

Forever Changes

こんにちはお久しぶりです。
そう言っていただけると、やっていて本当に良かったなと実感させられます。
こちらこそ本当にどうもありがとうございます。

『Four Sail』以降だと、ライヴ音源をプラスした『The Blue Thumb Recordings』という赤いジャケの3枚組で揃えられますけど、既にネット上では取り扱っていないのが難点で(タワレコの店頭ではよく見かけます)、ハードなのだとソロ『Vindicator』もいいかもです。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2610504

あと最近嬉しかったのは、カメラマンの有賀幹夫さんが音楽雑誌で愛聴盤の一つに『Forever Changes』を挙げていた事でした。
聴く度に発見や感動を憶える作品って数は限られますけど、個人的にはこのアルバムもその中の一つに入っています。音だけでなく、詞の内容でも。

あ、ボストンのライヴ盤の「Rattlesnake Shake」は長過ぎますよねたしかに。演奏はド迫力なんですけど、せめて10分内に…(笑)
[ 2008/05/07 22:05 ] [ 編集 ]

Love

こんにちは。"Collector's Edition"は聴いてないのですが、
だいぶ前に『Forever Changes』を聴いた時には感激し、次に『Love Story』の日本盤をオークションで買い、虜に。kazuyaさんのおかげです。
ハードな曲が気になったので『Four Sail』以降を今後買おうと思ってます。
『Forever Changes』は名盤です!!「名盤と呼ばれている理由が判らない」というお言葉の方が判らないですが、まっ好みも人それぞれ、人生(生き方)も人それぞれという事ですね。
眠くなってしまうのは「Rattlesnake Shake」の30分近いボストンのです笑。この曲は大好きなのですが、途中で集中力が切れてしまいます。
[ 2008/05/07 19:23 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://benice.blog.fc2.com/tb.php/537-093ced63