The Zombies : Into The Afterlife


イントゥ・ザ・アフターライフ (輸入盤 帯・ライナー付)イントゥ・ザ・アフターライフ (輸入盤 帯・ライナー付)
(2007/07/20)
ゾンビーズ

商品詳細を見る


1.She's Not There/Neil MacArthur
2.Hung Upside Down/Neil MacArthur
3.Unhappy Girl/Rod Argent & Chris White
4.She Loves The Way They Love Her/Rod Argent & Chris White
5.I Know She Will (Orchestral Mix)
6.Mr Galileo (Demo)/Rod Argent & Chris White
7.Without Her/Neil MacArthur
8.Twelve Twenty Nine/Neil MacArthur
9.It Never Fails To Please Me/Rod Argent & Chris White
10.I Could Spend The Day (Demo)/Rod Argent & Chris White
11.Walking In The Sun (Orchestral Mix)
12.Never My Love/Neil MacArthur
13.It's Not Easy/Neil MacArthur
14.To Julia (For When She Smiles)/Rod Argent & Chris White
15.World Of Glass/Neil MacArthur
16.Don't Try To Explain/Neil MacArthur
17.Mr Galileo/Rod Argent & Chris White
18.If It Don't Work Out (Orchestral Mix)
19.Going To A Go Go (Live)
20.Ma Non E'Giusto/Neil MacArthur
◎2007年に発売された編集盤。これまでとは傾向が異なり、大半はThe Zombies名義の音源ではなく、『Odessey And Oracle』(1968年)発表を経て解散後の1969年から、Colin Blunstoneがソロ・シンガーとして再デビューする直前の1971年後半にかけてレコーディングされた、メンバーが解散後にそれぞれの道を模索していた時期の音源を収録。

 ゾンビーズ名義は、当時『R.I.P.』用にオーヴァー・ダビングが行われた5,11,18(オーケストラを強調した新Remix)と、1967年にフランスのテレビ番組出演時のスタジオ・ライヴ19「Going To A Go Go」(The Miraclesのカヴァー)のみ。

 1,2,7,8,12,13,16,20はColin Blunstoneが一時的に音楽界から引退後、プロデューサーのマイク・ハーストの説得により"ニール・マッカーサー"という芸名でレコーディングした作品。ゾンビーズ時代のやや凝ったアレンジのリメイク1が全英第34位を記録。2はBuffalo Springfield、7はHarry Nilsson(Blood,Sweat & Tears経由)、12はThe Associationのカヴァーですが、全体的にいかにも60年代ポップスという感じのオケが好みの分かれる所。

 3,4,6,9,10,14,17はRod Argent & Chris White名義によるデモ・レコーディングで、この2人の他にHugh Grundy(d)、Jim Rodford (b)等が演奏に参加(ギタリストは曲によって違うようです)。後にThe Zombies名義で発表された4,10の初期ヴァージョンを聴く事ができますが、他はここで初めて発表される曲で、The Zombiesの延長線上~Argent未満といった印象。
→My Favorite Albumsへ戻る。
関連記事
[ 2007/08/12 22:16 ] The Zombies関連 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://benice.blog.fc2.com/tb.php/394-6a2a14d5