The Move関連DVD

 The Moveの映像の中から、DVDとしてオフィシャル・リリースされているものをピック・アップしてみました。
[The Best Of Beat Beat Beat Volume 3 ]

Best of Beat Beat Beat 3 [DVD] [Import]Best of Beat Beat Beat 3 [DVD] [Import]
(2008/07/14)
Various

商品詳細を見る


1. Walk Upon The Water /The Move
2. I Can Hear The Grass Grow /The Move
3. Love Portion No.9 /The Searchers
4. Sweets For My Sweet /The Searchers
5. My Friend Jack /The Smoke
6. Loving You Is Sweeter Than Ever /The Tremeloes
7. Silence Is Golden /The Tremeloes
8. Here Comes My Baby /The Tremeloes


◎イギリスのABCというメーカーから発売されたシリーズもののDVDの一つで、1966年から1969年にかけてドイツで放送されていた番組『Beat Beat Beat』からのライヴ映像を収録。この中にThe Moveのオリジナル・メンバーによるスタジオ・ライヴが2曲収録されています(この時に演奏された「Night Of Fear」は何故か未収録)。
[British Rock Viewsium Vol.2 Golden Era Of British Beat 2 ]

ブリティッシュ・ロック・ヴュージアム Vol.2 GOLDEN ERA OF BRITISH BEAT 2 [DVD]ブリティッシュ・ロック・ヴュージアム Vol.2 GOLDEN ERA OF BRITISH BEAT 2 [DVD]
(2010/12/08)
ザ・キンクス、ザ・スペンサー・デイヴィス・グループ 他

商品詳細を見る
◎キンクスやホリーズ他、何バンドかを集めたオムニバスもので、60年代のドイツのテレビ番組"Beat Beat Beat"からのライヴ映像より。The Moveは「Walk Upon The Water」「I Can Hear The Grass Grow」の2曲を収録。これは先に紹介したものと同じ映像。
[Beat Club]

ビート・クラブ 1 [DVD]ビート・クラブ 1 [DVD]
(2011/11/16)
オムニバス

商品詳細を見る

Disc 7「Fire Brigade」
Disc 8「Wild Tiger Woman」

◎60年代後半から70年代前半にかけてドイツで放送されていた音楽番組『Beat Club』の映像は、80年代後半に日本でもVHSでシリーズ化され、以後ロック・ファンの間ではお馴染みのものになっていますが、それらが2011年、未商品化映像を含む全3巻のDVDボックス・セットとして発売され、The Moveの映像もいくつか含まれています。1巻目では1968年の2曲を収録。メンバーは4人になった第2期の編成。


ビート・クラブ 2 [DVD]ビート・クラブ 2 [DVD]
(2011/10/12)
オムニバス

商品詳細を見る

Disc 2「Blackberry Way」
Disc 4「Curly」
Disc 7「Brontosaurus」

◎DVDボックス・セットの2作目に上記3曲が収録されています。3曲共にメンバー編成が異なるのも見所の一つ。


ビート・クラブ 3 [DVD]ビート・クラブ 3 [DVD]
(2011/08/24)
オムニバス

商品詳細を見る

Disc 1「When Alice Comes Back To The Farm」
Disc 5「Down On The Bay」

◎ボックス・セットの3巻目に上記2曲のスタジオ・ライヴ映像が収録されています。これらの映像は下記で紹介するDVDにも収録されています。
[The Lost Broadcasts]
(輸入国内版仕様)

ロスト・ブロードキャスト [DVD]ロスト・ブロードキャスト [DVD]
(2012/10/25)
ムーヴ

商品詳細を見る

(ドイツ盤DVD)

Lost Broadcasts [DVD] [Import]Lost Broadcasts [DVD] [Import]
(2012/09/18)
Move

商品詳細を見る

1. Blackberry Way
2. Brontosaurus
3. Curly
4. The Words Of Aaron
5. Ella James
6. Ella James
7. Down On The Bay
8. Down On The Bay
9. Fire Brigade
10. When Alice Comes Back To The Farm
11. Wild Tiger Woman

DVD=ドイツGONZO HST108DVD / 輸入国内版仕様DVD=MSI MSIDV035

◎2012年9月に発売されたThe Moveの初のDVDで、ドイツのテレビ番組『Beat Club』出演時の映像を集めたもの。この番組の映像は80年代以降、数曲がVHSやDVDのオムニバス盤に収録された事はありましたが、グループの単独名義でDVDが出たのは今回が初めて。ちなみに輸入国内版仕様のものは帯と日本語解説書付。

 で…なるべく難点とかは書きたくはないんですけど、時系列で並べられていないのが惜しい所で…。なので、9→11→1→3→2→10→4〜8の順序で観るとバンドの変化が楽しめます。

 他に、以前出回っていたものは司会者の曲紹介や拍手のSEが入っていたのに対し、こちらはそれらがなかったり、冒頭にカチンコが入っていたり、未放送素材もいくつか含まれているのが特徴。見慣れているものでも細かな違いがあります。以下は曲に関して簡単に触れてみたいと思います。

1. Blackberry Way

 1969年1月収録、口パク・モノクロ映像。メンバーは第2期のRoy Wood(g,vo)、Carl Wayne (vo)、Trevor Burton (b,vo)、Bev Bevan(d)。この曲が大ヒット中〜トレヴァー・バートン脱退直前の映像。

2. Brontosaurus

 1970年8月13日収録、スタジオ・ライヴのカラー映像。メンバーは第4期のRoy Wood(g,vo)、Jeff Lynne (vo)、Rick Price (b)、Bev Bevan(d)。2012年現在、この編成でのライヴ素材はCDでも出ていないので、10同様に貴重な記録。後半のギター・ソロをはじめ、レコードとの違いも楽しめます。

3. Curly

 ここで一旦逆行して1969年8月収録、Roy Wood(vo,recorder)、Carl Wayne (vo,g)、Rick Price (b,vo)、Bev Bevan(d)という第3期メンバーによる口パク・モノクロ映像。

4. The Words Of Aaron
5. Ella James
6. Ella James
7. Down On The Bay
8. Down On The Bay

 4〜8は1971年11月25日収録の第5期(後期)メンバーによるスタジオ・ライヴ。興味深いのはRoy Wood(g,b,vo)、Jeff Lynne (g,k,vo)、Bev Bevan(d)の他に、Richard Tandy (g,b)、Bill Hunt (p)の2人が加わっており、"ELO"に変わる直前を観る事が出来るのと、この時期のライヴ素材が過去に発表されていない点でも非常に貴重な映像。しかも生演奏とあって、レコードとは違った印象が。ということはThe Moveって、数ヶ月前に出た1969年のライヴ音源を含め、レコード以外の部分って今まで日本には殆ど伝わっていなかったのかなぁ…と。

 ちなみに5はボツテイク、7は背景がブルーになっている加工前の映像(※"Beat Club"という番組は背景に写真やレコード・ジャケット、エフェクト効果等の凝った映像処理を加えられるのが特徴で、ものによってはメンバー編成のクレジットが表示されたり、T.Rexのようにヴォーカルの追加録音がされたものも。あとこれは余談として、The Collectorsの「世界を止めて」のビデオ・クリップはこの番組の雰囲気を取り入れたものになっていますので、もし観る機会がありましたら是非)。

9. Fire Brigade

 再び遡って1968年3月収録、口パク・モノクロ映像。メンバーは第2期のRoy Wood(g,vo)、Carl Wayne (vo)、Trevor Burton (b,vo)、Bev Bevan(d)。カール・ウェインは何故かキーボードの前に座っている。

10. When Alice Comes Back To The Farm

 1970年12月27日収録、スタジオ・ライヴのカラー映像。メンバーは第4期のRoy Wood(g,vo)、Jeff Lynne (g)、Rick Price (b)、Bev Bevan(d)。こちらもダブル・トラック処理過剰なスタジオ録音とはうってかわってストレートなプレイ。

11. Wild Tiger Woman

 1968年9月収録、口パク・モノクロ映像。メンバーは第2期のRoy Wood(g,vo)、Carl Wayne (vo)、Trevor Burton (b,vo)、Bev Bevan(d)。
[Magnetic Waves Of Sound - The Best Of The Move]

◎2017年1月発売のベスト盤のDisc 2に、全21トラックの映像が収録されています。初商品化が数曲、先に紹介した『Beat Beat Beat』『Beat Club』の映像も含まれています(後者は編集違いあり)。詳細はこちらをご覧ください。
http://benice.blog.fc2.com/blog-entry-1954.html
[おまけ]

 現在商品化されているThe Moveの映像はドイツで収録されたもので、他にもBBC放送を含めいくつか確認されていますが、これらの発掘&リリースが待たれるところ(誰かがYouTubeに上げているのもありますが…)。ここではおまけということで大雑把にリスト・アップしてみます。

● Watch Your Step (1967年前半のライヴ映像)
Night Of Fear (TV 1967)
Disturbance (TV 1967)
I Can Hear The Grass Grow (TV 1967)
Flowers In The Rain (Promotion Clip 1967)
"Rome Pop festival" (日本からミッキー・カーチス&サムライも出演したロック・フェス/1968年)
● Fire Brigade (1968年BBC/追記:2017年ベスト盤で商品化)
● BBC2 "Colour Me Pop" (1969年1月4日/追記:2017年ベスト盤で商品化)
● Flowers In The Rain">Flowers In The Rain (Bilzen Jazz Festival,1969年1月頃)
● Sunshine Help Me (Bilzen Jazz Festival,1969年1月頃)
● Tonight (TV)
● California Man (BBC)
A Young Persons' Guide to The Moveのページに戻る

(作成:2008年7月18日/更新:2010年10月16日,2012年10月23日,2017年1月28日)
関連記事
[ 2012/10/23 21:00 ] The Move / E.L.O.関連 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://benice.blog.fc2.com/tb.php/382-368066d5