The Beach Boys : Pet Sounds (50th Anniversary Edition/Box Set)

(輸入盤)

『Pet Sounds』(Capitol Records 478225-3)

(輸入盤国内流通仕様)

『ペット・サウンズ (50周年記念スーパー・デラックス・エディション)』(UICY-77778)
2枚組盤からの続きという事で、今回は2016年6月24日発売の『Pet Sounds (50周年記念スーパー・デラックス・エディション)』を。

(主な内容)
🔵Disc 1 : Mono & Stereo (2016年リマスター)+Additional Track4曲
🔵Disc 2 : The Pet Sounds Sessions
🔵Disc 3 : The Pet Sounds Sessions (Continued/1〜8)+Alternate Versions(9〜24)
🔵Disc 4 : Live Recordings (1〜11)+Stack-O-vocals(12〜23)
🔵Disc 5 : Blu-ray Pure Audio Disc (5.1 Surround Sound/Mono/Stereo/Stereo Instrumentals/+Additional Material in 5.1 Surround and Stereo)
🔵カラー48ページ英語本付きパッケージ(表側にちょっとした特殊加工あり)
🔴日本盤は変則的な仕様で、本型のパッケージがPoland製、盤は日本製のSHM-CD、Blu-ray Pure Audio DiscはEU製
🔴日本盤は英語本翻訳+歌詞・対訳を掲載したブックレット付き(実のところ、2枚組日本盤のブックレットとほぼ同内容だったりする)

YouTubeより:やはりありました"開封もの"動画。このような装丁になっています。本付きパッケージというより本にCDが付いている印象が(笑)。ただし2分49秒以降に出てくるグッズ類は別ルートの特典のようで、日本盤を含む一般流通盤には付属されていませんのでご注意を。
(1997年盤ボックス"The Pet Sounds Sessions")

ペット・サウンズ・セッションズペット・サウンズ・セッションズ
(1997/11/27)
ビーチ・ボーイズ

商品詳細を見る

🔵Disc 1 : ステレオ・ミックス+セッションズ・パート1
🔵Disc 2 : セッションズ・パート2
🔵Disc 3 : スタック・オー・ヴォーカルズ(ヴォーカル・オンリー)+別ヴァージョン集
🔵Disc 4 : アルバムのモノ・ミックス(リマスタード In 1996)
🔵128ページ・英文ブックレット"Making of Pet Sounds"付き
🔵40ページ・カラー・ブックレット付き
🔴日本盤はオリジナル・ブックレットの翻訳を掲載した80ページブックレット付き

◎今回のボックスはCD4枚組Box Set『The Pet Sounds Sessions』(1997年)が土台となっていて、「Wouldn't It Be Nice」「You Still Believe In Me」の改訂前Stereo Mix以外の音源は今回も収録されたと思われます。50周年盤との大きな違いはMono Mixに使用されたマスター・テープ、パッケージの装丁、ブックレットの内容。『The Pet Sounds Sessions』を改めて振り返ってみると、素材チェックはもとより、決して安易な作業ではないStereo Mixの作成、2冊ある英文ブックレット用の取材に費やした時間を思えば相当な労作だった事が伺えます。

 日本語ブックレットには約80ページにわたり翻訳が掲載され、各メンバー、作詞を担当したトニー・アッシャー、通称"レッキング・クルー"と呼ばれるセッション・ミュージシャン、スタジオ・エンジニア、オブザーバー(ファミリー、レコード会社のスタッフ、ダニー・ハットン、ジョージ・マーティン、ポール・マッカートニー)等の重要な証言やエピソードを掲載。特に現場で直に接した人達ならではの視点が興味深い。

50周年盤もファンだからとりあえず買いましたとか、出された料理の作り方まで興味が湧かない人もいるかもしれないですけど…(笑)、より深く接したい方は1997年盤(の日本盤)も是非チェックを。
[収録曲]

◎さぁ〜てどうしましょう。1トラックずつ触れると例によって長くなるので、先に音源の種類を挙げ、必要に応じて注釈を付け加えていきます。特に記載が無いものは既発音源及び『The Pet Sounds Sessions』(1997年)が初出ということで。

1 : Mono Mix

 モノラル・ミックス : 音が1つにまとめられ、左右に分離していない状態の音源。『Pet Sounds』の場合はこれがOriginalになります。

2 : Stereo Mix

 『Pet Sounds』のステレオ版は制作時の方針や技術的な問題等で、発表から20年後の1996年に初めて作成されました。演奏・ヴォーカル共にステレオになり、鮮明な音像になっているのが特徴。1966年当時はテープ・レコーダーのトラック数の問題で、

1 : 4-Track全てを使って演奏を録音。
2 : 歌を入れる空きスペースがないので、一旦モノラルにミックスしながら4 or 8-Trackにコピー。
3 : 空いたスペースにヴォーカルやコーラスを録音。
4 : 最終的にモノラルでミックスして曲が完成。

…という行程を辿っているので、歌が入ったテープのみでStereo Mixを作ろうとすると、初期の「Surfer Girl」のような感じになる(演奏=中央/ヴォーカル=左右)。60年代でなくても、80〜90年代にカセットのMTRでDemo Tapeを作っていた人は身に覚えがあるかも…(笑)

で、『Pet Sounds』のステレオ版は・・・

5 : 演奏のみを録音したテープと、歌を録音したテープをシンクロさせてデジタル機器にコピー。
6 : (音がズレる場合があるので)双方の音がピッタリ合うまで調整。かなり面倒で神経を使う作業。
7 : 歌入れ用トラックからモノラルの演奏をOFFにしてから、ステレオにミキシング。

…と、大雑把に書くとこういう行程で。ところが(音質劣化対策で)4のモノラル・ミックスを作りながら追加録音する事もあるので、後からStereo Mixを作る時に音が足りなくなる場合も。カラオケ・アルバム『Stack-o-Tracks』(1968年)で間奏のギター・ソロ等が入っていない曲はその可能性あり。「Wouldn't It Be Nice」「You Still Believe In Me」「God Only Knows」の1996年Stereo Mixに欠落箇所があるのは、モノラル・ミックス時に追加録音をしたか、その音が入ったマルチトラックの所在不明のどちらか(真相は不明)。後に「Wouldn't It Be Nice」のMike Loveのパートの一部はMono Mixから音を抽出→シンクロさせて復元。

3 : Alternate Mix

 別ミックス。または別ヴァージョン。基本的な部分はほぼ同じで、一部違う所がある音源。

4 : Alternate Take

 別テイク : 先に発売された音源(またはオリジナル・ヴァージョン)とは演奏自体が全く別のもの。80年代は別ヴァージョンも「テイク違い」と称される事がよくありましたが、ここでは混同を避けるために使用を控えました。The Beach Boysの場合は演奏は同じで歌のみ別テイク(その場合は別ヴァージョンか)なのもあれば、「ヘルプ・ミー・ロンダ」のようにシングル用にあえて別テイクを録音したものも。

5 : Highlights from Tracking Date

 バッキング・トラック(演奏)のセッション風景を抜粋した音源。失敗テイク、ブライアンがメンバーに指示を出す場面、セッション・ミュージシャンの話し声やハル・ブレイン(d)がカウントを取る場面等を収録。

6 : Stereo Backing Track

 バッキング・トラック(演奏)のOKテイク。フェイド・アウトせずに演奏が止まるまで収録されています。

7 : Stereo Instrumental Version

 今回新たに加わった音源で、歌なしのインスト版。ボックスではDisc 5 : Blu-ray Pure Audio Discに、CDでは別売り2枚組デラックス・エディションに収録。「Pet Sounds」以外の曲は"Stereo Backing Track"をフェイド・アウト処理したものと、新規作成の別ミックスが混在(→2枚組盤の記事を参照)。

8 : Stack-O-Vocals

 ↑の表記はカラオケ・アルバム『Stack-O-Tracks』(1968年)のもじりで、こちらはヴォーカル・トラックのみのアカペラ・ヴァージョン。

9 : 5.1 Surround Sound

 サラウンド音源。5つのスピーカー+低音用スピーカーを使い、臨場感のあるサウンドを体験出来る。ステレオだと左右の音が前方から聞こえますが、5.1サラウンドだと後ろからも音が聞こえてくる。これを聴くには専用の再生機器と複数のスピーカーが必要。
[Disc 1 : Pet Sounds]

(Pet Sounds "Mono")

1. Wouldn't It Be Nice
2. You Still Believe In Me
3. That's Not Me
4. Don't Talk (Put Your Head On My Shoulder)
5. I'm Waiting For The Day
6. Let's Go Away For Awhile
7. Sloop John B
8. God Only Knows
9. I Know There's An Answer
10. Here Today
11. I Just Wasn't Made For These Times
12. Pet Sounds
13. Caroline No

 2枚組盤の記事でも触れましたが改めて。モノラル版は既発CDで使用されたものとは異なり、かつて『Carl & the Passions "So Tough"』(1972年)と『Pet Sounds』が2枚組仕様で発売された際に使用したテープからの新規リマスター。高域が強調された2012年盤CDとは対照的に中低域が際立つ(※再生環境によって印象は異なる)。ちなみに1972年盤に関しては『レコード・コレクターズ (2016年7月号)』のカラー・ページ(p.44〜48)にも記述があります。

(Pet Sounds "Stereo")

14. Wouldn't It Be Nice (2001 Stereo Mix)
15. You Still Believe In Me (2012 Stereo Mix)
16. That's Not Me (1996 Stereo Mix)
17. Don't Talk (Put Your Head On My Shoulder) (1996 Stereo Mix)
18. I'm Waiting For The Day (1996 Stereo Mix)
19. Let's Go Away For Awhile (1996 Stereo Mix)
20. Sloop John B (1996 Stereo Mix)
21. God Only Knows (1996 Stereo Mix)
22. I Know There's An Answer (1996 Stereo Mix)
23. Here Today (1996 Stereo Mix)
24. I Just Wasn't Made For These Times (1996 Stereo Mix)
25. Pet Sounds (1996 Stereo Mix)
26. Caroline No (1996 Stereo Mix)

 Stereo Mixは新規2016年リマスターで収録。14「Wouldn't It Be Nice」の出だし1音が何故かフェイド・イン処理され(気にしなくてもいいような微妙な違い)、15「You Still Believe In Me」はヴォーカルがダブル・トラックに修復された2012年改訂版で収録。

(Additional Material)

27. Caroline No (Promotional Spot #2)

28. Don't Talk. . . (Unused Background Vocals)

補足:『The Pet Sounds Sessions』(1997年)で"Vocal Snippet"と表記されていたものと同じ音源で、ブライアンが多重録音でコーラスを歌ったもの(余談:1997年盤BOXの日本語ブックレット、p.48でキャロル・ケイが「ブライアンはマルチトラックのアカペラを聴かせてくれたわ。」というコメントがあり、恐らくこの音源の事ではないかと)。"Unreleased Backgrounds"と称されたモノラル・ミックスも存在しますが今回は未収録。

29. Hang On To Your Ego

 念のため。ボックス『The Pet Sounds Sessions』(1997年)のDisc 3-19が初出のヴァージョン(モノラル)。ヴォーカルはマイク→ブライアン→アル→ブライアンの順で、バック・コーラスが付いている(90年代にボーナス・トラックとして収録されていた音源とは別ヴァージョン)。
(主な収録CD)
◉『The Pet Sounds Sessions』(1997年)
◉『Pet Sounds (40th Anniversary Edition)』(2006年)

30. Caroline No (Promotional Spot #1)

[Disc 2 : The Pet Sounds Session]

1. Sloop John B (Highlights from Tracking Date)
2. Sloop John B (Stereo Backing Track)
3. Trombone Dixie (Highlights from Tracking Date)
4. Trombone Dixie (Stereo Backing Track)
5. Pet Sounds (Highlights from Tracking Date)
6. Pet Sounds (Stereo Track Without Guitar Overdub)
7. Let's Go Away For Awhile (Highlights from Tracking Date)
8. Let's Go Away For Awhile (Stereo Track Without String Overdub)
9. Wouldn't It Be Nice (Highlights from Tracking Date)
10. Wouldn't It Be Nice (Stereo Backing Track)
11. Wouldn't It Be Nice (Stereo Track with Background Vocals)
12. You Still Believe In Me (Intro - Session)

13. You Still Believe In Me (Intro - Master Take)

補足:日本盤ブックレットではモノラル扱いされていますが、後半でステレオ・リバーブがかけられています。

14. You Still Believe In Me (Highlights from Tracking Date)
15. You Still Believe In Me (Stereo Backing Track)
16. Caroline No (Highlights from Tracking Date)
17. Caroline No (Stereo Backing Track)
18. Hang On To Your Ego (Highlights from Tracking Date)
19. Hang On To Your Ego (Stereo Backing Track)

20. I Know There's An Answer (Vocal Session)

 初登場音源(モノラル)で、10分弱にわたって歌入れ風景を収録。前半5分はマイクとアルにブライアンが歌い方の微妙なニュアンスを指示、5分半付近はで誰かが「The Old Master Painter」(後に『SMiLE』にも収録されたスタンダード曲)の一節をふざけ気味に歌う場面、後半7分半付近からはコーラス・パート。

21. Don't Talk (Put Your Head On My Shoulder) (Brian's Instrumental Demo)
22. Don't Talk (Put Your Head On My Shoulder) (Stereo Backing Track)
23. Don't Talk (Put Your Head On My Shoulder) (String Overdub)
24. I Just Wasn't Made For These Times (Highlights from Tracking Date)
25. I Just Wasn't Made For These Times (Stereo Backing Track)
26. That's Not Me (Highlights from Tracking Date)
27. That's Not Me (Stereo Backing Track)

[Disc 3 : The Pet Sounds Sessions (continued)]

1. Good Vibrations (Highlights from First Tracking Date)
2. Good Vibrations (Stereo Backing Track)
3. I'm Waiting For The Day (Highlights from Tracking Date)
4. I'm Waiting For The Day (Stereo Backing Track)
5. God Only Knows (Highlights from Tracking Date)
6. God Only Knows (Stereo Backing Track)
7. Here Today (Highlights from Tracking Date)
8. Here Today (Stereo Backing Track)

(Alternate Versions)

9. Wouldn't It Be Nice (Mono Alternate Mix 1)
10. You Still Believe In Me (Mono Alternate Mix)
11. I'm Waiting For The Day (Mono Alternate Mix, Mike sings lead)
12. Sloop John B (Mono Alternate Mix, Carl sings first verse)
13. God Only Knows (Mono Alternate Mix, with sax solo)

14. I Know There's An Answer (Alternate Mix)

 初登場音源(モノラル)。「Hang On To Your Ego」から歌詞を変更した直後の音源のようで、「I Know〜っ♪」とバック・コーラスが入っている。

15. Here Today (Mono Alternate Mix, Brian sings lead)
16. I Just Wasn't Made For These Times (Mono Alternate Mix)
17. Banana & Louie
18. Caroline No (Original Speed, Stereo Mix)
19. Dog Barking Session
20. God Only Knows (With A Cappella Tag)
21. Wouldn't It Be Nice (Mono Alternate Mix 2)
22. Sloop John B (Mono Alternate Mix, Brian sings lead throughout)
23. God Only Knows (Mono Alternate Mix, Brian sings lead)
24. Caroline No (Original Speed, Mono Mix)

[Disc 4 : Live Recordings]

1. Wouldn't It Be Nice (Live At Michigan State University/1966)
2. Sloop John B (Live At Michigan State University/1966)
3. God Only Knows (Live At Michigan State University/1966)
4. Good Vibrations (Live At Daughters Of The American Revolution Constitution Hall, Washington DC/1967)
5. God Only Knows (Live At Daughters Of The American Revolution Constitution Hall, Washington DC,1967)
6. Wouldn't It Be Nice (Live At Daughters Of The American Revolution Constitution Hall, Washington DC/1967)
7. God Only Knows (Live At Carnegie Hall, New York/1972)
8. God Only Knows (Live At Jamaican World Music Festival, Montego Bay, Jamaica/1982)
9. Sloop John B (Live At Universal Studios, Universal City, CA/1989)
10. Caroline No (Live At Paramount Theatre, NYC/1993)
11. You Still Believe In Me (Live At Paramount Theatre, NYC/1993)

◎1〜11は全曲初登場のライヴ音源。こちらも先に2枚組盤の記事で触れたのでそちらをご参照ください。
http://benice.blog.fc2.com/blog-entry-1868.html

(Stack-O-Vocals)

12. Wouldn't It Be Nice
13. You Still Believe In Me
14. That's Not Me
15. Don't Talk (Put Your Head On My Shoulder)
16. I'm Waiting For The Day
17. Sloop John B
18. God Only Knows
19. I Know There's An Answer
20. Here Today
21. I Just Wasn't Made For These Times
22. Caroline No

 12〜22はヴォーカルのみを収録したヴァージョン(『The Pet Sounds Sessions』より)。素材の一部が所在不明またはMono Mixのみに入っていたため、12「Wouldn't It Be Nice」のマイク・ラヴのパート("May if we〜っ…♪"の部分)はブライアンのヴォーカルで収録、13「You Still Believe In Me」のリード・ヴォーカルはシングル・トラックのまま、18「God Only Knows」の1分44秒付近のヴォーカルがブライアンではなくカールで収録。そうした点を抜きにしても一聴の価値あり。他に22「Caroline No」はOriginal Speedで収録。

23. Good Vibrations (Master Track with Partial Vocal)

 初登場音源(ステレオ)。バッキング・トラックはシングル用テイクとほぼ同じ(3分16〜29秒はハープシコード入りの別テイク)で、ヴォーカル・パートのみ初期段階または未完成状態で収録。この歌があったり無かったりするヴァージョン、人によっては懐かしく感じるかもしれませんね…(謎笑)。ちなみに曲終了後にも続きあり(既発音源)。

[Disc 5 : Blu-ray Pure Audio Disc]

◎今回のボックスでは新たにアルバムの各種ミックス他を収録したBlu-ray Pure Audio Discが付けられています・・・が、スミマセンうちにBlu-rayもサラウンドも無いので確認できません(冷汗)。なので主な内容のみ記載します。こちらは2003年発売のDVD-AUDIO盤を基に足したり引いたりしたようです(ボーナス・トラックから「I Just Wasn't Made For These Times (A Cappella Mix)」がカット)。

『Pet Sounds』
⚪️5.1 Surround Sound (96kHz/24bit)
⚪️リニアPCM モノラル (192kHz/24-bit)
⚪️リニアPCM ステレオ (192kHz/24-bit)
⚪️リニアPCM ステレオ/Instrumental Version (192kHz/24-bit)

 Instrumental VersionはボックスではBlu-ray Pure Audio Discのみで再生可能。CDでは別売の2枚組盤に収録(→2枚組盤の記事を参照)。

(Additional Material in 5.1 Surround & Stereo)
14. Unreleased Backgrounds (Unused Intro for “Don't Talk (Put Your Head On My Shoulder)”)
15. Wouldn't It Be Nice (Session Highlights)
16. Wouldn't It Be Nice (Alternative Mix without Lead Vocal)
17. God Only Knows (Session Highlights)
18. God Only Knows (Master Track Mix with A Cappella Tag)

19. Summer Means New Love

 アルバム『Summer Days (& Summer Nights!!)』(1965年)収録曲ですが、シングル「Caroline No」のカップリング曲だったために収録されたようです。ステレオ及び5.1サラウンド・ミックスは『Pet Sounds』DVD-AUDIO盤(2003年)が初出。
[おまけ1:YouTubeより]

[おまけ2:ボックス未収録の主な音源]

 何もここまで載せなくても…と思いつつ(笑)、ボックス未収録音源がいくつか存在するので、把握している範囲内でリストアップしてみました(ただし疑似ステレオや一部抜粋等は除く)。

Wouldn't It Be Nice

⚪️Alternate Mono Version

 モノラルの別ヴァージョン。ブライアンのリード・ヴォーカルが別テイクのほか、バック・コーラスの音量が小さめ。マイクの"May if we〜っ♪"の部分のみ何故かシングル・トラックで、途中からダブル・トラックになる。
(主な収録CD)
『Made In U.S.A.』(TOCP-3195/※品番は1995年再発盤)
『スティル・クルージン』(TOCP-3083/※品番は1995年再発盤)
『ラヴ・ソングス』(TOCP-53371/※品番は2004年盤)
◉『スーパー・ベスト』(2010年/上記CDと同内容)

⚪️Vocals

 1993年登場の別ヴァージョン。右=ヴォーカル/左=演奏に振り分けられ、カウントからエンディングまでフェイド・アウトせず収録。マルチトラック・テープにマイクが"May if we〜っ♪"と歌う音源が入っていなかったため、ブライアンのヴォーカルで通されています。
(収録CD)
◉『グッド・ヴァイブレーションズ・ボックス』(1993年)

⚪️Alternate Stereo Mix

 ドキュメンタリー・ビデオ作品『An American Band』(1985年)の中で、リード・ヴォーカルがシングル・トラックのステレオ別ミックスを聴く事が出来ます。こちらはVHSとDVDのみの収録。

⚪️Stereo Backing Track

 ボックス及び2枚組盤とは別ミックスのバッキング・トラック(ステレオ)。早めにフェイド・アウトする。
(主な収録CD)
◉『Party!/Stack-O-Tracks』(1990年/2001年)
◉『スタック・オー・トラックス』(1997年)

⚪️1996 Stereo Mix

 主に1997〜2001年まで流通していたStereo Mix。ブリッジのマイクのヴォーカル("May if we〜っ♪"の部分)の素材が見つからず、ブライアンのリード・ヴォーカルで通されています。
(主な収録CD)
◉『The Pet Sounds Sessions』(1997年)
◉『ペット・サウンズ (モノ&ステレオ)』(東芝EMI TOCP-65255/1999年)

You Still Believe In Me

⚪️1996 Stereo Mix

 1996年作成のステレオ・ミックス(発表は翌1997年)で、作成時の都合上リード・ヴォーカルがシングル・トラック(1声)になっています。2012年に改訂版が出るまではこのミックスが使用されていました。
(主な収録CD)
◉『The Pet Sounds Sessions』(1997年)
◉『ペット・サウンズ (モノ&ステレオ)』(東芝EMI TOCP-65255/1999年)
◉『Pet Sounds』(アメリカCapitol 72435-26266-2-5/2001年)
◉『ペット・サウンズ (MONO&STEREO)+1』(2016年)
◉『ペット・サウンズ (40周年アニヴァーサリー・エディション)』(2006年)

Don't Talk (Put Your Head On My Shoulder)

⚪️Unreleased Backgrounds (Mono)

 Disc 1-28と同じブライアンの多重コーラスですが、こちらはモノラル・ミックス。冒頭のカウントが無くやや短い。ちなみに日本初盤CDでは"UN-RELEASED BKG'S"と表記されていました。
(主な収録CD)
◉『ペット・サウンズ』(1988年/ボーナス・トラック2曲入りの日本初盤CD)
◉『ペット・サウンズ』(1990年/ボーナス・トラック3曲入りのCD全般)

Sloop John B

⚪️Stereo Backing track

 ボックス及び2枚組盤とは別ミックスのバッキング・トラック(ステレオ)。演奏の殆どは中央に配置され、オーヴァー・ダブの12弦ギターは左に配置。
(主な収録CD)
◉『Party!/Stack-O-Tracks』(1990年/2001年)
◉『スタック・オー・トラックス』(1997年)

God Only Knows

⚪️Stereo Backing track (1)

 今回のボックスとは別ミックスのインストゥルメンタル・ヴァージョンで、早めにフェイド・アウトする。
(主な収録CD)
◉『Party!/Stack-O-Tracks』(1990年/2001年)
◉『スタック・オー・トラックス』(1997年)

⚪️(1)Tracking Session〜(2)Stereo Backing track〜(3)Alternate Version/with a capella tag

 ↑のような表記はありませんが、1993年発表のボックス・セットで発表された音源。今回のボックスとは別編集or分別されていない状態のもの。
(収録CD)
『グッド・ヴァイブレーションズ・ボックス』(1993年)

Hang On To Your Ego

⚪️Version 1(Mono)

 ブライアンのみで通して歌われる、仮歌と思われるヴァージョン(モノラル)。他のメンバーやバック・コーラス等は含まれていない。また、エンディングでは犬が吠える声の別テイクがクロスフェイドで挿入されています(ブライアンがエンジニアに何やら喋っている)。1990年の『Pet Sounds』のCD化の際にボーナス・トラックとして初登場。
(主な収録CD)
◉『Pet Sounds』(1990年/ボーナス・トラック3曲入りのCD全般)

⚪️Version 2(Mono)

 基本的には上記の音源とほぼ同じですが、エンディングで挿入されていた犬の声が無い。なのでVersion 2。
(主な収録CD)
◉『ペット・サウンズ (モノ&ステレオ)』(東芝EMI TOCP-65255/1999年)
◉『Pet Sounds』(アメリカCapitol 72435-26266-2-5/2001年)
◉『ペット・サウンズ (Mono&Stereo) +1』(UNIVERSAL UICY-25596/2016年)

Caroline,No

⚪️Mono Single Version

 エンディングのSEが入っていないシングル・ヴァージョン。
(主な収録CD)
◉『Made In U.S.A.』(1986年)
◉『ビーチ・ボーイズ・ボックス〜カリフォルニアより愛をこめて〜』(1990年/※アナログ落としで収録)
◉『The Beach Boys Single Collection』(1993年)
◉『The Very Best Of The Beach Boys』(2001年)
◉『Greatest Hits 2 1966-1969』(2001年)
◉『カリフォルニア・フィーリン〜ベスト・オブ・ビーチ・ボーイズ〜』(2002年)

⚪️1996 Stereo Mix (2)

 Stereo MixからエンディングのSEをカットしたヴァージョン。カットし切れずに微妙に残っていますが…(笑)
(収録CD)
◉『Made In California (カリフォルニアの夢)』(2013年)

Trombone Dixie

⚪️Mono Mix

 1965年11月1日録音(「The Little Girl I Once Knew」と「Pet Sounds」の間の時期)の未発表曲。タイトルは恐らく正式名称が付く前のワーキング・タイトルで、歌詞が付く前に曲自体がボツに。ボックスではDisc 2にセッションとStereo Mixが収録されていますが、こちらは1990年初出のMono Mix。
(主な収録CD)
『ペット・サウンズ』(1990年/ボーナス・トラック3曲入りのCD全般)
[おまけ3:あとがき]

 これ以降は本題とは直接無関係な私的な話題になりますので、無理して読まなくてもOKです。読まれないのに敢えて書くという。書かないとそれはそれで…な事が時々あったりするので(何も出てこない部分をやたら詮索されたりとか)。

・・・ということで、50th盤。ありのまま50周年を受け止める事もできるし、節目だからと無理して企画を立てなくてもいいじゃないかと、ちょっとだけ違うものを何度も出されるとそんな事も思ってしまうわけで。とは言っても何かと興味の尽きない存在なのは変わりなく。先にセッションを一通り聴いて、最後に再びMonoに立ち返ってみたり。聴き方もいろいろ。勿論他のアルバムも時期毎の持ち味があり、素直に楽しめる曲もあれば「?」な曲も。個人的な能力の問題で楽しめるまで時間を要しているだけともいう…(笑)。妙な固定観念から脱したら意外とすんなり聴けたり。以前こちらでもそれとなく触れましたけど、このアルバムばかり偏って注目されているのも事実だと思います。かといって手のひらを返して反発するのも何だか…。フツーにこの曲いいよねとか、このアルバム好きでよく聴くとか言う程度でも少しは違ってくるような。

(余計な事を思い出す)

 こうして改めてアルバムに接すると、最初に聴いた時の事とか、それなりに思い出も。90年代になって最初に聴いたアルバムだったとか(それ以前に「Kokomo」『Endless Summer』『All Summer Long』等には接していた)、はじめは「耳が慣れず漠然と音を浴びていた」状態だったけど、それでもメロディがいいなと思う曲がいくつか。ただ、どんな音かが少しずつ聞こえるようになると話が違ってきて。具体的に説明しにくいですけど、聞こえ方に変化が出たのは「Don't Talk (Put Your Head On My Shoulder)」だったような…(そういえば以前、テレビの特番で同様の話をしている方を見かけた事がありました)。でも楽器やってる友人の方が反応が早かったですね(笑)。軽めのノリでこの曲がどうこうとか、「"God Only Knows"のエンディングがすごいよねー」とか「"She Said She Said"ってこれの後だっけ?」(註:ビートルズのその曲も同じようなエンディングだった)とか話し合った気がする。その年はCDのリイシューが進行していたので、初期の曲も同様に楽しんでましたね。あとは深夜のFMで各アルバムを全曲流す特集があったり、レンタル屋で『An American Band』のビデオを見つけて何度も観たり。世間一般とは関係ない所で内輪で盛り上がっていた。

 それとは別に・・・このアルバムと接した事で、眠っていた感覚が呼び戻された気もしていて。思い出せる範囲内で触れると、一番最初に直に音楽に触れた場所がエコーの効いたホールで、そこで毎週土曜日に短時間やった音楽と、このアルバムのトーンがどことなく近い雰囲気で。何かしら手がかりがあれば思い出せるかもしれないけど、具体的な曲や内容は思い出せない。それも1〜2年接してそれっきり。生活環境もガラッと変わり、今日まですっかり忘れてしまっていた。

 ・・・ということで発売から50年。人によって出会った時期・きっかけも様々。The Beach Boysの存在すら軽視されていた時代に自分だけの特別な存在になった、何年も経って良さに気づいた、口コミ、名前をどこかで目にした、小説に出てきた、映画で曲が流れていた、雑誌で紹介されていた、敬愛するミュージシャンが好きなアルバムに挙げていた、サンプリングに使われていた、CD屋でかかっていて衝動買いした、牛丼チェーン店でかかっていた(笑)、等々・・・他の方が書くとまた違ったエピソードが出てくるかもしれませんね。以上、余談でした。
My Favorite Albumsのコーナー(目次)へ
『Pet Sounds』へ
『Pet Sounds (50th Anniversary Deluxe Edition/2CD)

(作成:2016年6月25日/更新:2016年6月30日,7月7日)
関連記事
[ 2016/06/25 09:01 ] The Beach Boys関連 | TB(0) | CM(4)

>ブーゲンビリアさん
こんにちは。こちらこそどうもありがとうございました(^_^)

あと、Instrumental Versionで数曲書き忘れを見つけてしまったので(汗)、改めて書き直しします。
[ 2016/07/05 23:49 ] [ 編集 ]

Re: 制作者のみぞ知る

お返事ありがとうございます。

波形を見ると、40周年盤にある最初の山が50周年盤には無いんですよね。
フェードインっぽくなっていて。

すでにいくつも持っている中、今回の50周年盤が決定版のようなつもりで購入したので、
何らかのミスであったとしたら残念に思います。

まあ、あまりこだわりすぎると肝心の音楽を聴くことを忘れてしまいそうなので
ほどほどにしておきます。
[ 2016/07/05 23:21 ] [ 編集 ]

制作者のみぞ知る

>ブーゲンビリアさん
はじめましてこんにちは。
僕も「あれっ・・・?」っとなったものの、細か過ぎるかなと思って載せるのを迷ったんですけど、
やはり違和感ありましたかぁ…。
MonoやInstrumental Versionは何でもないので、Stereoだけこうなっているのかが謎で。
真相はマスタリングの担当者しか判らないと思います。

この返信を書く前にPCの音源編集ソフトを使って、
過去に出たStereo Mixの先端1音を「フェイド・イン」してみたら、今回のと同じようになりました。

50th版、1音目以外は楽しく聴いてるんですけどね…(笑)
こだわってしまうと中々難しいというか。
[ 2016/07/05 21:59 ] [ 編集 ]

50th盤・Wouldn't It Be Nice(Stereo)のイントロ

14「Wouldn't It Be Nice」の出だし1音がフェイド・イン処理され(気にしなくてもいいような微妙な違い)

とありますが、これって意図的なものなのでしょうか?
私はエラーかと思っていたのですが・・・。

Monoや40th盤のStereoでは1音目がはっきり出ており、50th盤を聴いたとき違和感がありました。
[ 2016/07/05 18:08 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://benice.blog.fc2.com/tb.php/1827-d7386175