The Zombies Part 7 : the DECCA stereo anthology

(2002年UK盤)

The Decca Stereo AnthologyThe Decca Stereo Anthology
(2002/10/31)
Zombies

商品詳細を見る

『the DECCA stereo anthology』 (発売日:2002年10月28日/CD:(UK)Big Beat CDWIK2225)
(輸入国内盤仕様)

デッカ・ステレオ・アンソロジーデッカ・ステレオ・アンソロジー
(2002/11/25)
ザ・ゾンビーズ

商品詳細を見る


[Disc 1]
1.It's Alright With Me
2.She's Not There
3.You Make Me Feel Good
4.Summertime
5.Woman
6.Leave Me Be
7.Kind Of Girl
8.Sometimes
9.I'm Goin' Home
10.Road Runner
11.Sticks & Stones
12.Walking In the Sun
13.I Don't Want To Know
14.Tell Her No
15.What More Can I Do
16.I Remember When I Loved Her
17.I Want You Back Again (Alternate Take)
18.Can't Nobody Love You
19.The Way I Feel Inside
20.I Got My Mojo Working
21.You Really Got A Hold On Me〜Bring It On Home To Me
22.I Can't Make Up My Mind
23.Work'n' Play
24.I Want You Back Again (Single Version)

[Disc 2]
1.She's Coming Home
2.I Must Move
3.Just Out Of Reach
4.Remember You (Soundtrack Version)
5.Nothing's Changed
6.I'll Keep Trying
7.Don't Go Away
8.Whenever You're Ready
9.How We Were Before
10.I Love You
11.If It Don't Work Out
12.I Know She Will
13.Don't Cry For Me
14.Remember You (Single Version)
15.Is This The Dream
16.Indication
17.I'll Call You Mine
18.Gotta Get A Hold Of Myself
19.She Does Everything For Me
20.Goin' Out Of My Head
21.Leave Me Be (Backing Track)
22.Work'n' Play (Take 2)
23.Just Out Of Reach (Take 4, Backing Track)
24.Whenever You're Ready (Take 1, Backing Track)

※ 全曲4-Track Master TapeからのRemix Versionで収録(一部例外あり)。

◎4枚組BOX『Zombie Heaven』(1997年)から始まった英Big Beatレーベルによる一連のThe Zombiesのリマスター作業、2002年に発表されたこの2枚組CDでは初期のDECCAレーベル在籍時('64〜'67年)にレコーディングされた楽曲を録音順に並べ、さらにオリジナルの4トラック・テープから新たにStereo Remixが作成されています。主にアルバム『Begin Here』全曲とシングル及びEP収録曲、さらには未発表のバッキング・トラックやスタジオでの会話等も含まれ、初ステレオ化ナンバーも多数収録。

 ビートルズを筆頭に60年代のアーティストの音源でStereo Mixは時々問題視される事があり、丹念に作られたMono Mix(いわば完成品)に対して、半ばついでに作られた or 後年ステレオの需要が増えたために急造されたStereo Mixは少ないトラック数のため音のバランスが悪かったり(録音の段階でベースとドラムがひとまとめにされている場合が多い)、Mono Mix作成中に追加録音をしたために後からStereo Mixを作るとその音が抜けた状態になってしまう、エコー等の特殊効果をかけたはずがStereo Mixには入っていない(例:「I Must Move」の旧Stereo Mix)等々枚挙に遑がなく。

 The Zombiesのメンバーも(知らぬ間に作られたという)Stereo Mixに不満を抱いていたようで、このCDではOriginal Mono Mixの持つ雰囲気を極力近づける配慮が行なわれ、旧Stereo Mixではシンバルがこもり気味だった「Summertime」は大分鮮明になったほか、「The Way I Feel Inside」のMono Mixのみに入っていたコインをはじく音も再現。イントロの切れていた「I Love You」もノー・カット、「She's Coming Home」「Gotta Get A Hold Of Myself」「Goin' Out Of My Head」がようやくStereo Mixで聴けるように。

 しかしMono Mixにしか入っていない音が再現出来ない曲もあり、対策として「Is This The Dream」では"Hey Hey Hey!"というバック・コーラスをMono Mixからサンプリングして挿入、「She's Not There」のMono Mixにしか入っていないスネア・ドラムは今回新たに入れ直す作業が行われています(しかもブックレットにわざわざ、ロッド・アージェントとヒュー・グランディがオーヴァー・ダビングをしている"証拠写真"まで載せてある!(笑))。30年以上経った音源にダビングをするって聞くとネガティヴな印象を受けがちですが、たぶん言われなければ誰も気付かない程違和感のない仕上がりに。あとこれは余計な一言ですが…「Tell Her No」は旧Stereo Mixの方が(ドラムが中央なので)そっちの方が好みかなぁ…は個人的な好みの問題なのでちと置いといて、2002年になってようやくメンバー公認のStereo Mixが発表されたという点でも興味深いアルバム。

(CDについて)
 CDは2種類流通していて、1つはイギリスのBig Beatから出ているもの、もう1つは日本のP-Vineから発売されているもので、イギリスBig Beat盤に帯と日本語解説書が一体になった"輸入国内盤仕様"になっています。なので両者共にCDの盤自体は同一。
[2013:Zombies in Stereo]
Zombies in StereoZombies in Stereo
(2013/10/22)
Zombies

商品詳細を見る

CD=ドイツRepertoire REP5288

[Disc 1:Original 1960s “True Stereo” Recordings of Tracks from the 1964-1966 Decca period]

1. She's Not There
2. Woman
3. Tell Her No
4. Leave Me Be
5. Summertime
6. The Way I Feel Inside
7. Don't Go Away
8. I Must Move
9. How We Were Before
10. You Make Me Feel Good
11. You've Really Got A Hold On Me/Bring It On Home To Me
12. I Got My Mojo Working
13. I'm Goin' Home
14. Is This The Dream
15. I Can't Make Up My Mind
16. Kind Of Girl (US Version)
17. Nothing's Changed
18. Just Out Of Reach
19. She Does Everything For Me
20. I Remember When I Loved Her
21. I Love You
22. Indication
23. Whenever You're Ready
24. I Want You Back Again
25. If It Don't Work Out
26. I'll Call You Mine
27. I'll Keep Trying
28. I Know She Will
29. Don't Cry For Me
30. Walking In The Sun
31. Kind Of Girl (UK Alternate Version)
32. Remember You (Soundtrack version from "Bunny Lake Is Missing")

[Disc 2 : Original 1960s “Fake Stereo” Recordings of Tracks from the 1964-1966 Decca period]

1. She's Not There
2. Summertime
3. It's Alright With Me
4. You've Really Got A Hold On Me/Bring It On Home To Me
5. Sometimes
6. Woman
7. Tell Her No
8. I Don't Want To Know
9. Work 'N' Play
10. Can't Nobody Love You
11. What More Can I Do
12. I Got My Mojo Working
13. Sticks And Stones
14. Road Runner

[Disc 3 : 2002 Stereo Mixes from masters of original 1964-1966 Decca recordings (Part 1)]

1. Road Runner
2. Summertime
3. I Can't Make Up My Mind
4. The Way I Feel Inside
5. Work 'N' Play
6. You've Really Got a Hold On Me
7. She's Not There
8. Sticks and Stones
9. Can't Nobody Love You
10. Woman
11. I Don't Want to Know
12. I Remember When I Loved Her
13. What More Can I Do?
14. I Got My Mojo Working
15. I'm Going Home
16. Walking in the Sun
17. You Make Me Feel Good
18. Leave Me Be
19. Kind of Girl
20. Sometimes
21. It's Alright
22. Tell Her No

[Disc 3 : 2002 Stereo Mixes from masters of original 1964-1966 Decca recordings (Part 1)]
1. She's Coming Home
2. I Must Move
3. I Want You Back Again
4. I Want You Back Again (Alternative)
5. Whenever You're Ready
6. I Love You
7. Is This the Dream
8. Don't Go Away
9. Nothing's Changed
10. Remember You (Soundtrack Version)
11. Remember You (Single Version)
12. Just Out of Reach
13. Indication
14. How We Were Before
15. Gotta Get a Hold of Myself
16. Goin' Out of My Head
17. She Does Everything for Me
18. I'll Keep Trying
19. If It Don't Work Out
20. I Know She Will
21. Don't Cry for Me
22. I'll Call You Mine

◎こちにらは2013年にドイツのRepertoireレーベルから発売された4枚組CD。同社が2011年にリリースした『Begin Here』『Odessy & Oracle』の2枚組Deluxe Editionの続編的な内容で、Decca時代の音源の旧ステレオ・ミックス、疑似ステレオ・ミックス、『the DECCA stereo anthology』時に作成された新規ステレオ・ミックスをまとめたもの。過去に発表されたすべてのステレオ・ミックスを収録しているわけではありませんが、何枚も似たようなものを買いたくないとか(笑)、スタジオのトークまでは別にいいという方はこれで十分かと。

Disc 1

 Disc 1は70〜90年代前半までお馴染みだった旧Stereo Mixを中心に収録。これらの大部分はバンド解散後の1969年以降にレコード会社が作成した(要はメンバーの知らない所で作られた)もので、オリジナルのMono Mixとはヴァージョンや印象が異なるものも。1997年に始まったリマスター作業の流れでこれらのミックスがCDに収録される事は殆ど無くなったため、今となっては逆に珍しいかも。また、『R.I.P.』収録予定曲の25〜30はボックス・セット『Zombie Heaven』(1997年)より。「I Know She Will」「Don't Cry For Me」は別のStereo Mixが存在しますが、本作には未収録。

(YouTubeより)

●サンプル…ってことで、Mono Mixや2002 Remixで聴けたスネア・ドラムのオーヴァー・ダビングが入っていない「She's Not There」の旧Stereo Mix。

●こちらはスネア・ドラムのオーヴァー・ダビングが入っているMono Mix。

●"HEY HEY HEY"のコーラスが入っていない「Is This The Dream」の旧Stereo Mix。

Disc 2

 Disc 2は"Fake Stereo"…いわゆる"疑似ステレオ"音源で、1〜12はアメリカParrot盤アルバム『The Zombies Featuring She's Not There and Tell Her No』(1965年)からそのままの曲順で収録。ただ、他のバンドのレコードで聴けるような疑似ステレオ(音が回っているとか、左右に微妙にずらして立体感を出したり)ではなく、殆どモノラルでたまに左側に高域があるかなぁ…程度で、あとは雑音がステレオで入っている感じで面白味はないです正直なところ。英編集盤『The World Of The Zombies』(1970年)からの13「Sticks And Stones」14「Road Runner」は右=低音、左=高音に調整したもので、こちらもステレオっぽさは薄め。

Disc 3 & 4

 Disc 3は先に紹介した2枚組CD『the DECCA stereo anthology』(2002年)の際に作成されたRemix版で、そこに含まれていたバッキング・トラックやアウト・テイク、スタジオ内でのやり取りはカットされています。なんだ全部入ってないのかと思う反面、そうした音源は"資料"として聴くなら興味深いけど、フツーに曲を楽しみたい時はかえって入っていない方が良かったりするので、これはこれとして良いような。その代わりにDisc 1〜14は『Begin Here』(1965年)の曲順通りに並べられ、アルバムの"ステレオ版"が楽しめる。15曲目以降〜Disc 4も同じく『the DECCA stereo anthology』からの2002 Remix版を収録。

(作成:2004年8月19日/更新:2014年7月18,22日)
My Favorite Albumsへ戻る。
関連記事
[ 2014/07/18 21:07 ] The Zombies関連 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://benice.blog.fc2.com/tb.php/1495-1d3d3197