The Beach Boys『Fifty Big Ones Greatest Hits』

 The Beach Boysの結成50周年記念のベスト・アルバムが2012年9月26日に発売されました。1枚ものの『Greatest Hits』と2枚組の『Fifty Big Ones Greatest Hits』の2種類。



[Greatest Hits]

グレイテスト・ヒッツグレイテスト・ヒッツ
(2012/09/26)
ビーチ・ボーイズ

商品詳細を見る

iTunes Store配信版

1. That's Why God Made The Radio
2. California Girls (Stereo Mix)
3. Sloop John B (Stereo Mix)
4. Wouldn't It Be Nice (Stereo Mix)
5. Surfer Girl
6. Do It Again (Mono Single Version)
7. Surfin' Safari
8. Surfin' U.S.A.
9. Don't Worry Baby
10. Little Deuce Coupe
11. I Get Around (Mono)
12. Fun,Fun,Fun (Mono)
13. Be True To Your School (Mono Single Version)
14. Dance, Dance, Dance (Stereo Mix)
15. All Summer Long (Stereo Mix)
16. Help Me, Rhonda (Mono)
17. Rock And Roll Music
18. God Only Knows (Stereo Mix)
19. Good Vibrations (Mono)
20. Kokomo

◎1枚ものの"通常版"『Greatest Hits』は60年代の代表曲を中心に、1988年のヒット曲「Kokomo」と2012年発表の新作から「That's Why God Made The Radio」を加えた全20曲を収録。日本盤は歌詞・対訳・解説書付。
[Fifty Big Ones Greatest Hits]


グレイテスト・ヒッツ デラックス・エディション~偉大なる50年~ (期間限定スペシャルプライス盤)グレイテスト・ヒッツ デラックス・エディション~偉大なる50年~ (期間限定スペシャルプライス盤)
(2012/09/26)
ビーチ・ボーイズ

商品詳細を見る

iTunes Store配信版

[Disc 1]
1. California Girls (2002 Stereo Mix)
2. Do It Again (Mono Single Version)
3. Surfin' Safari
4. Catch A Wave
5. Little Honda
6. Surfin' U.S.A.
7. Surfer Girl
8. Don't Worry Baby (2009 Stereo Mix)
9. Little Deuce Coupe
10. Shut Down
11. I Get Around
12. The Warmth of the Sun
13. Please Let Me Wonder (Stereo Mix)
14. Wendy (2007 Stereo Mix)
15. Getcha Back
16. The Little Girl I Once Knew
17. When I Grow Up (To Be A Man) (2012 Stereo Mix)
18. It's OK (Album Version)
19. Dance, Dance, Dance (Stereo Mix)
20. Do You Wanna Dance? (2012 Stereo Mix)
21. Rock And Roll Music (Album Version)
22. Barbara Ann (Single Version/Stereo Mix)
23. All Summer Long (Stereo Mix)
24. Help Me, Rhonda (Mono Single Version)
25. Fun, Fun, Fun (Mono Single Version)
26. Be True To Your School (Single Version)

[Disc 2]
1. Kokomo
2. You're So Good To Me (Stereo Mix)
3. Wild Honey (Stereo Mix)
4. Darlin' (Stereo Mix)
5. In My Room
6. All This Is That
7. This Whole World
8. Add Some Music To Your Day
9. Cotton Fields (Single Version/Stereo Mix)
10. I Just Wasn't Made For These Times (Stereo Mix)
11. Sail on, Sailor
12. Surf's Up
13. Friends
14. Heroes and Villains (Stereo Mix)
15. I Can Hear Music
16. Good Timin'
17. California Saga (On My Way to Sunny Californ-I-A) (Album Version)
18. Isn't It Time (Single Version)
19. Kiss Me, Baby (Stereo Mix)
20. That's Why God Made The Radio
21. Forever
22. God Only Knows (Stereo Mix)
23. Sloop John B. (Stereo Mix)
24. Wouldn't It Be Nice (Stereo Mix)
25. Good Vibrations

◎2枚組の『Fifty Big Ones: Greatest Hits(邦題:グレイテスト・ヒッツ デラックス・エディション〜偉大なる50年〜』は各オリジナル・アルバムから厳選された全50曲収録(追記:日本盤のみ1曲追加)。恐らく50周年関連の一つとして製作されたものと思われますが、内訳は以下の通り(パッケージに書いてあるものの引用)。

⚫️ 限定盤BOX仕様。
⚫️ キャピトル・オリジナル・ブックレット付。
⚫️ 日本語ブックレット(オリジナル・ブックレットの英文ライナー翻訳、日本語解説書、歌詞・対訳付)。
⚫️ ポストカード7枚入り。
⚫️ 期間限定・特別価格\3,200
⚫️ 日本盤のみボーナス・トラック1曲追加。

 今現在(50周年で)いろいろと盛り上がっている期間限定の人は別として、これまで60年代の全盛期(または『Endless Summer』)だけを聴いていた、もっと狭まって『Pet Sounds』〜『SMiLE』時代しか興味がなかった、「Surfin' U.S.A.」「Kokomo」しか聴いた事がない方にとっては、8月の来日公演は新たな発見の場になったのではないでしょうか。今回発売されたベスト盤は50周年のワールド・ツアーにほぼ近い選曲なので、それの追体験的な役割も果たせたり、来日公演(またはそのテレビ放送)を観て気になった曲があればこのベスト盤を軸に、そこからオリジナル・アルバムを聴いてみる…っていうのもアリかと思います。ちなみに2003年に発表され大ヒットした『Sounds Of Summer』はマイク・ライヴによる選曲で、こちらもライヴの追体験的な構成になっていました。なので、ビーチ・ボーイズをベスト盤で…となると、今回の2枚組『Fifty Big Ones: Greatest Hits(邦題:グレイテスト・ヒッツ デラックス・エディション〜偉大なる50年〜』か、1枚ものの『Sounds Of Summer』から聴き始めると楽しみや発見があるかと思います。
[収録曲についていろいろと]

 付属のカラー・ブックレットや日本語解説書にミックス表記は書かれているので、ならここであれこれ書く必要もないかな…と思ったらそうでもなかったので、ここからはいくつか気付いた点を補足的な意味合いで書き進めます(注釈が必要な曲は※印を付けました)。また、特に何も触れていない曲は2009〜2012年リマスター音源によるものです。
この後読み続けて行くと…なんだか他人の粗探しのような印象を受けるかもしれませんが、そういった意図の基に書いているわけではない事をご理解していただけると幸いです。

[Disc 1]

1. California Girls (2002 Stereo Mix)

 2003年発表のベスト盤『Sounds Of Summer』(DVD付の『Sights And Sounds Of Summer』を含む)に収録されたStereo Mix(2002年と書かれていますが、これが作成された年との意味でしょう)。オリジナルはMono Mixでしたが、1998年に初めてStereo Mixが発表されています。詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

2. Do It Again (Mono Single Version)

 2011年録音のリメイク版を含めいくつか別ヴァージョンがありますが、ここではモノラルのシングル・ヴァージョンでの収録。アルバム『20/20』ではフェイド・アウト間際に『SMiLE』の断片が挿入されていましたが、シングル・ヴァージョンはなし。ちなみにこの曲のTrue Stereo Mixは長い間リリースされていませんでしたが、2013年8月に『Made In California』でようやくステレオ化が実現しました。

8. Don't Worry Baby (2009 Stereo Mix)

 2009年発表の新規ステレオ・ミックスでの収録。ヴォーカルの配置等、Original Stereo Mixとの違いあり。詳しくはこちらをご覧ください。

10. Shut Down

 あ゛…。英文ブックレットや日本語解説書には「2003年、ベスト・アルバム『サウンズ・オブ・サマー』で世に出たステレオ・リミックス・ヴァージョン。」と書かれていますが、実際にはアルバム『Surfin' U.S.A.』(1963年)収録のOriginal Stereo Mixで収録されています。

11. I Get Around

 2012年リマスター盤『オール・サマー・ロング(モノ&ステレオ)』では"Stereo Extraction Mix"と称されステレオ化されたものが収録されていましたが、ここではOriginal Mono Mixでの収録。

13. Please Let Me Wonder (Stereo Mix)

 2007年発表の編集盤『The Warmth Of The Sun』で初のステレオ化が実現し、今回のベスト盤にもそうクレジットされていますが実は誤りで、実際には2009年発表の編集盤『Summer Love Songs』にノー・クレジットで収録されていた改訂版のステレオ・ミックスで収録されています。なんだかややこしいですね…(笑)。で、さらにややこしくなりたい方はこちらをご覧ください。

14. Wendy (2007 Stereo Mix)

 いくつか別ヴァージョンがありますが、ここでは2007年発表の編集盤『The Warmth Of The Sun』からの新規ステレオ・ミックスでの収録(間奏で誰かが咳き込んでいる音がカットされている)。

16. The Little Girl I Once Knew

 特に補足は必要ないんですけど念のため。『Pet Sounds』の直前、1965年11月にシングルのみで発表された曲で、オリジナル・アルバムには未収録でした。そのかわり『Spilit Of America』(1975年)や『The Warmth Of The Sun』(2007年)といった編集盤に収録されていました。この曲もStereo Mixが存在しないので、今回はどうかな…と思いましたが、オリジナルのMono Mixのリマスターに留まりました。

 で、これは別に気に留める程の違いでもないんですけど、「Look out babe」の後の最初のブレイク部分…90年代までのCDだとかすかに何かを叩く音が3音入っていたんですけど、リマスター版では削除されています。

 ちなみにレア・トラックス集『ホーソーン、カリフォルニア-伝説が生まれた場所(レア・トラックス)』(2001年)にはヴォーカルの異なる別ヴァージョンを聴く事が出来ます。

17. When I Grow Up (To Be A Man) (2012 Stereo Mix)

 この曲もオリジナルはMono Mixで発表され、以後疑似ステレオや変則的なものを含めて別ミックスが存在しますが、ここでは2012年リマスター盤CD『Today!』用に作成された新規Stereo Mixでの収録。さらに詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

18. It's OK

 アルバム『15 Big Ones』収録のAlbum Version。ちなみにSingle VersionはAlbum Versionをスピード・アップさせたもので、そちらはベスト盤『ビーチ・ボーイズ・グレイテスト・ヒッツ3(ベスト・オブ・ブラザー・イヤーズ)』(2000年)に収録。

19. Dance, Dance, Dance (Stereo Mix)

 これもクレジット・ミスで…2003年発表のベスト盤『Sounds Of Summer』でのミックスではなく、実際にはボックス・セット『U.S.シングル・コレクション(1962-1965)』(2008年)が初出の改訂版Stereo Mixでの収録。さらに詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

20. Do You Wanna Dance? (2012 Stereo Mix)

 2012年リマスター盤CD『Today!』でこの曲の初Stereo Mixが登場しましたが、そちらはフェイド・アウトが長めになっていました。このベスト盤ではMono Mixと同じ長さに調整してあります。この曲に関して詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

21. Rock And Roll Music (Album Version)

 シングルとアルバム『15 Big Ones』でミックスが違っていましたが、ここではAlbum Versionでの収録。ちなみにSingle Versionはベスト盤『ビーチ・ボーイズ・グレイテスト・ヒッツ3(ベスト・オブ・ブラザー・イヤーズ)』(2000年)に収録。

22. Barbara Ann (2012 Stereo Mix)

 2012年リマスター盤CD『Party!』でこの曲のStereo Mixが登場しましたが、ここではSingle Version同様に途中でフェイド・アウトします。

23. All Summer Long (2007 Stereo Mix)

 長い間Mono Mixや疑似ステレオで出回っていた曲ですが、ここでは2007年発表の編集盤『The Warmth Of The Sun』が初出のStereo Mixでの収録。

24. Help Me, Rhonda (Mono Single Version)

 2012年リマスター盤CD『サマー・デイズ(モノ&ステレオ)』に"Stereo Extraction Mix"なるステレオ版が収録されましたが、ここではOriginal Mono Mixでの収録。この曲に関してはこちらをご覧ください。

25. Fun, Fun, Fun (Mono Single Version)

 MonoとStereoでフェイド・アウトの長さが違いますが、ここではMono Mixでの収録。この曲の各種ヴァージョンについてはこちらをご覧ください。

追記:ちなみにこの曲の新規Stereo Remix版(Monoとほぼ同じ長さのステレオ・ヴァージョン)がリリースされています。
(収録作品)
『Made In California』(2013年/Box Set)
『Keep An Eye On Summer - The Beach Boys Sessions 1964』(2014年/moraハイレゾ版)

26. Be True To Your School (Mono Single Version)

 日本盤のみこの曲が追加収録されたため、全51曲になっています。アルバム『Little Deuce Coupe』(1963年)とは異なるMono Single Versionでの収録。この曲に関してはこちらをご覧ください。

[Disc 2]

2. You're So Good To Me (2007 Stereo Mix)

 2007年発表の編集盤『The Warmth Of The Sun』が初出のStereo Mixでの収録。この曲に関してはこちらをご覧ください。

3. Wild Honey (2012 Stereo Mix)

 初登場、2012年作成のStereo Mixでの収録。音は中央寄りなものの、左にテルミン、右にベースを配置。他にMonoとの違いを挙げると、「Eatin' up wild honey〜っ♪」の直後1分12秒〜1分19秒にかけてのバック・コーラスが何故か欠落している。

4. Darlin' (2012 Stereo Mix)

 こちらも初登場、2012年作成のStereo Mixでの収録。3同様に音を横に広げ過ぎず、左にドラム、タンバリンとホーン・セクションを右に配置。アップライト・ピアノにはステレオのルーム・エコーが微量かけられています。ステレオ化された事でホーン・セクションがMonoよりも鮮明に聞こえるのではないでしょうか。

 唯一惜しいのは、フェイド・アウト直前の1分55秒付近、「Darlin'〜ん♪」が欠落している点。それとも意図的に削ったのか…は定かではないですけど、アルバム『Wild Honey』って一般的には「シンプルなバンド編成に戻った」と言われつつも、実はいわゆる"コピー&ペースト"が多用されている作品なんですよね(まだパソコンがない時代の話です)。この部分は40〜55秒秒付近をコピペしてフェイド・アウトすればMonoと同じようになるはずなのですが…(追記:実際にPCの音楽編集ソフトでやってみたらMonoと同じようになった)。とはいってもアルバム『Wild Honey』の最新リマスター盤がまだ出ていないので、今後全編Stereo化が実現するかが楽しみ。

(追記:2013年8月29日)

 2013年8月発表のボックス・セット『Made In California』にもこの"2012 Stereo Mix"が収録されていますが、上で指摘した「1分55秒付近の"Darlin'〜ん♪"」の欠落部分が修正されて復元されていました。ありがたや〜&感謝。
(収録CD)
『Made In California』(2013年/Box Set)

9. Cotton Fields (Single Version,2001 Stereo Mix)

 アルバム『20/20』とは別テイクのSingle Version。このヴァージョンも長い間Mono Mixか疑似ステレオで流通していましたが、ここでは2001年発表のレア・トラックス集『Hawthorne,CA』で初出のStereo Mixでの収録。

10. I Just Wasn't Made For These Times (1996 Stereo Mix)

 ボックス・セット『The Pet Sounds Sessions』(1997年)で初出のStereo Mixでの収録。で…これはあくまで個人的な意見なので受け流してもいい事なんですけど、「Each time things start to happen again〜♪」と歌われる1分46秒?1分56秒にかけては、Mono Mix同様に演奏部分のヴォリュームを少し下げて(完全には消さない)、ヴォーカルを際立たせてほしかったなぁ…と。ここからテルミンに至るまでの時間はこの曲の"肝"にあたる部分なので、出し直す時にいつか替えてくれないかぁ…と長年思っていたんですけど、ミックス担当者にとってはどうでもいいようで(笑)。それとも気付いていないのか…。あまり多くを求め過ぎるのも…ね。ボックス・セットに演奏と歌が別々に入っているんだから、そうしたければ自分で作れるだろ?と言われればその通りなのでそうすることにします、はい。

14. Heroes and Villains (2012 Stereo Mix)

 この曲の"Smiley Smile"ヴァージョンのStereo Mixは2種類ありますが、今回は2012年リマスター盤CD『スマイリー・スマイル(モノ&ステレオ)』に収録された新規Stereo Mixでの収録。この曲に関してはこちらをご覧ください。

17. California Saga (On My Way to Sunny Californ-I-A) (Album Version)

 Single Versionではブライアンによる掛け合いのバック・コーラスが入っていましたが、ここではそれが入っていないAlbum Versionでの収録。Single Versionはベスト盤『ビーチ・ボーイズ・グレイテスト・ヒッツ3(ベスト・オブ・ブラザー・イヤーズ)』(2000年)に収録。

18. Isn't It Time (Single Mix)

 最新アルバム『That's Why God Made The Radio』からのセカンド・シングルで、しかもアルバムとは別ヴァージョンでの収録。曲の冒頭はコーラスから始まり、2分16秒付近ではジェフリー・フォスケットのパートがマイク・ラヴのヴォーカルに変更されています。その他細かい違いがいくつか。

 追記:ちなみにこのベスト盤が出た時点でのシングル・カットは確認されませんでしたが、10月頃にiTunes Storeでライヴ音源3曲を加えてシングル化されました。詳細はこちらをご覧ください。


19. Kiss Me, Baby (2000 Stereo Mix)

 アルバム『Endless Harmony』のアメリカ盤CDがジャケットを替えて新装発売された際、新たに作成された2つ目のStereo Mixが今回収録されています。詳しくはこちらをご覧ください。

20. That's Why God Made The Radio

 2012年発表の最新オリジナル・アルバム『That's Why God Made The Radio』からのタイトル曲。ヴァージョン自体は同じなので書き足す必要はないんですけど、単なる余談って事で…(笑)。というのも、FMラジオで3ヶ月以上も毎日かかっている新曲って、昔はよくありましたけどここ最近では珍しいなと思って(1ヶ月間プッシュというのは今でもある)。9月に入ってからは大分落ち着きましたけど、それでもたまにかかっています。

 最近発売された書籍での特集記事でも触れられているように、元々はブライアンがカール他界後〜アルバム『Imagination』で本格的なソロ活動を始めた1998〜9年頃にモチーフが書かれた曲のようで、作者クレジットにはその頃関わっていたジョー・トーマスを含め計4名の名前が。これは推測ですけど、ブライアンの中ではビーチ・ボーイズが歌うのを想定していた、しかしその頃既にメンバーそれぞれが別行動に出てしまったので、ソロでもレコーディングせず、その機会が来るまで温存していた…って気がするんですけど、過去の例もあるので、大分後になってから色々と話が出て来る気もしています。あくまで推測って事で。

 それと…たとえば普段、ユニゾンで大合唱とか変にハイテンションな曲ばかり耳に入って来る人にとって、この曲はどう響いたんだろう…っていうのが個人的に興味があって。この曲がきっかけで新しいファンが生まれても何ら不思議ではないと思う。

22. God Only Knows (1996 Stereo Mix)

 ボックス・セット『The Pet Sounds Sessions』(1997年)で初出のStereo Mixでの収録。現在は2012年リマスター盤『ペット・サウンズ (モノ&ステレオ)』にも収録されています。

23. Sloop John B (1996 Stereo Mix)

 ボックス・セット『The Pet Sounds Sessions』(1997年)で初出のStereo Mixでの収録。現在は2012年リマスター盤『ペット・サウンズ (モノ&ステレオ)』にも収録されています。

24. Wouldn't It Be Nice (2001 Stereo Mix)

 ボックス・セット『The Pet Sounds Sessions』(1997年)でStereo Mixが登場しましたが、その時はマイク・ラヴのヴォーカル・パートが欠落していたため、2001年にマイクのパートをMono Mixから抽出→シンクロ補正させた改訂版が作成されました。今回もその2001年改訂版Stereo Mixで収録。現在は2012年リマスター盤『ペット・サウンズ (モノ&ステレオ)』にも収録されています。
(※この曲の各種ヴァージョンについてはこちらをご参照ください。)

25. Good Vibration

 2012年リマスター盤CD『スマイリー・スマイル(モノ&ステレオ)』に"Stereo Extraction Mix"なるステレオ版が収録されましたが、ここではOriginal Mono Mixでの収録。この曲に関してはこちらをご覧ください。

 …ということで、いつものように余計に長いですが(汗…これでもかなり省いていたりする)、50周年ベスト盤の紹介でした。んではまた〜。
[追記:2013年12月24日:iTunes Store DL版について]

 今回のベスト盤がリリースされた当初、iTunes Store配信版の「California Girls」が何故か「イッツ・OK (2012 - Remaster)」と誤表記されて販売されている事をここで指摘していましたが、2013年12月に再度確認をしたところ、無事に訂正されていました。一件落着。

(掲載:2012年8月9日/更新:2012年8月14,20日,9月15,27日,11月8,19日,2013年1月23日,8月29日,12月24日,2015年8月19日)
関連記事
[ 2012/09/27 22:10 ] The Beach Boys関連 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://benice.blog.fc2.com/tb.php/1282-45c782e7