その他のアルバム Part 3:Live at Star Club in Hamburg

030729c.jpg
『レア・ライヴ(完全版)』(CD=Overseas Records/38CP-44)

1. Introduction
2. I'm Gonna Sit Right Down And Cry (Over You)
3. I Saw Her Standing There
4. Roll Over Beethoven
5. Hippy Hippy Shake
6. Sweet Little Sixteen
7. Lend Me Your Comb
8. Your Feets Too Big
9. Twist And Shout
10. Mr. Moonlight
11. A Taste Of Honey
12. Besame Mucho
13. Reminiscing
14. Kansas City / Hey Hey Hey
15. Where Have You Been All My Life
16. Hully Gully *
17. Till There Was You
18. Nothin' Shakin' (But The Leaves On The Trees)
19. To Know Her Is To Love Her
20. Little Queenie
21. Falling In Love Again
22. Ask Me Why
23. Be-Bop-A-Lula
24. Hallelujah I Love Her So
25. Sheila
26. Red Sails In The Sunset
27. Everybody's Trying To Be My Baby
28. Matchbox
29. I'm Talking About You
30. Shimmy Shake (=Simmy Like Kate)
31. Long Tall Sally
32. I Remember You

* 印はCliff Bennett & The Rebel Rousersの演奏。

1962 Live at the Star Club in Hamburg1962 Live at the Star Club in Hamburg
(2000/10/17)
ザ・ビートルズ

商品詳細を見る

『1962 Live at Star Club in Hamburg』(CD=プライムアトラス/BDR8001-2)
1. Intro
2. I Saw Her Standing There
3. Roll Over Beethoven
4. Hippy Hippy Shake
5. Sweet Little Sixteen
6. Lend Me Your Comb
7. Your Feets Too Big
8. Twist & Shout
9. Mr. Moonlight
10. A Taste Of Honey
11. Kansas City/Hey Hey Hey
12. Hully Gully*
13. Ask Me Why
14. Red Sails In The Sunset
15. Everybody's Trying To Be My Baby
16. Matchbox
17. I'm Talking About You
18. Shimmy Shake (=Simmy Like Kate)
19. Long Tall Sally
20. I Remember You
21. Nothin' Shakin' (But The Leaves On The Trees)
22. Falling In Love Again
23. Little Sheila
24. To Know Her Is To Love Her

* 印はCliff Bennett & The Rebel Rousersの演奏。
[1962年12月、ドイツ・ハンブルグ"Star Club"でのライヴ音源]

◎「Love Me Do」でデビューした直後の1962年12月下旬、ドイツ・ハンブルクのスター・クラブでのライヴをマイク1本でオーディエンス録音したもので、1977年にドイツのレーベルから2枚組LP『Live At The Star-Club In Hamburg, Germany; 1962.』としてリリースされ、全英第27位を記録。

その後複数のレーベルから手を替え品を替え乱造され、日本ではまずビクターから『デビュー! ビートルズ・ライヴ'62』というタイトルで発売され、80年代にはテイチクから『レア・ライヴ(完全版)』という全32曲入りのCDが、2000年には『1962 Live at Star Club in Hamburg』(プライムアトラス/BDR8001-2)という全24曲入りのCDがリリースされています。しかしビートルズ側からのクレームや発売の差し止めが度々起きたために現在は市場からは消えています(それでも非正規盤や配信版がゲリラ的に出ては消えが繰り返されています)。

 元々家庭用のテープ・レコーダーでモノラル・オーディエンス録音(注:レア・ライヴ(完全版)』は疑似ステレオ)されたもののため、ヴォーカルが遠かったりと音質は今ひとつ。曲によっては(テープ切れや腐食等の理由で)編集で曲が引き延ばされているものや、「Till There Was You」ではテープの傷を補うためかマラカスがダビングされていたり、「Hully Gully」(The Beach BoysもカヴァーしていたThe Olympicsの曲)のように対バンで出演していたCliff Bennett & The Rebel Rousersの演奏が混じっている難点もある反面、オリジナル・アルバムや90年代以降に出た発掘音源にも含まれていないカヴァー曲も多く演奏されており、ジョンがヴォーカルの「Matchbox」、スター・クラブのウェイターがゲストで歌っている「Be-Bop-A-Lula」「Hallelujah I Love Her So」等珍しい場面も。

 大ブレイク後の客の絶叫や礼儀正しいステージ進行とは対照的なラフでガラの悪い雰囲気、その後のスタジオ録音では別種のハイテンションで荒々しいロックン・ロールを演奏するビートルズは音質の難を差し引いても魅力的。この音源はデビュー後ですが、ここで聴けるものがレコード・デビュー以前のビートルズの姿にかなり近かったのではないでしょうか。個人的に聴き所を挙げると、数少ないエルヴィス・プレスリーのカヴァーでよりロック色の強い演奏の「I'm Gonna Sit Right Down And Cry (Over You)」、サーフィンU・・・じゃなかった、Chuck Berryの「Sweet Little Sixteen」、ジョージがヴォーカルでリンゴのドラムが激しい「Nothin' Shakin' (But The Leaves On The Trees)」、これもChuck Berryの原曲よりも激しい「I'm Talking About You」、「Shimmy Shake」「Long Tall Sally」「I Remember You」…と、BBCセッションでも演奏している曲もありますが、こちらの方がエネルギッシュなので機会がありましたら是非。

[他にこのようなものも]


Beginnings ofBeginnings of
(2013/06/24)
Beatles

商品詳細を見る

◎2013年7月にひっそりと発売された4枚組ボックス・セット。現物は見かけたものの音源は未チェックですが、『レア・ライヴ(完全版)』には含まれていない曲もいくつか収録されているようです。収録曲を知りたい方はリンク先のAmazonのジャケット画像を拡大するか、海外サイトのDiscogsで検索すると出てきます。
My Favorite Albumsへ戻る。

(作成:2003年7月29日/加筆訂正:2010年10月23日、2013年8月12,15,16,26日,12月27日)
関連記事
[ 2003/07/29 18:01 ] The Beatles関連 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する