The Beatles : Anthology 2


アンソロジー(2)アンソロジー(2)
(1996/03/18)
ザ・ビートルズ

商品詳細を見る
iTunes Music Store配信版
[Disc 1]
1. Real Love
2. Yes It Is (Take 2+14)
3. I'm Down (Take 1)
4. You've Got To Hide Your Love Away (Take 5)
5. If You've Got Trouble
6. That Means A Lot
7. Yesterday (Take 1)
8. It's Only Love (Take 2+3)
9. I Feel Fine (Live)
10. Ticket To Ride (Live)
11. Yesterday (Live)
12. Help! (Live)
13. Everybody's Trying To Be My Baby (Live)
14. Norwegian Wood (This Bird Has Flown) (Take 1)
15. I'm Looking Through You (Take 1)
16. 12-Bar Original
17. Tomorrow Never Knows (Take 1)
18. Got To Get You Into My Life (Take 5)
19. And Your Bird Can Sing (Take 2)
20. Taxman (Take 11)
21. Eleanor Rigby (Strings Only)
22. I'm Only Sleeping (Rehearsal)
23. I'm Only Sleeping (Take 1)
24. Rock And Roll Music (Live)
25. She's A Woman (Live)
[Disc 2]
1. Strawberry Fields Forever (Demo Sequence)
2. Strawberry Fields Forever (Take 1)
3. Strawberry Fields Forever (Take 7 & Edit Piece)
4. Penny Lane (Alternate Version)
5. A Day In The Life (Alternate Version)
6. Good Morning Good Morning (Take 8)
7. Only A Northern Song (Take 3+12)
8. Being For The Benefit Of Mr. Kite! (Takes 1 And 2)
9. Being For The Benefit Of Mr. Kite! (Take 7)
10. Lucy In The Sky With Diamonds (Alternate Version)
11. Within You, Without You (Instrumental)
12. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) (Take 5)
13. You Know My Name (Look Up The Number) (Alternate Version)
14. I Am The Walrus (Take 16)
15. The Fool On The Hill (Demo)
16. Your Mother Should Know (Take 27)
17. The Fool On The Hill (Take 4)
18. Hello, Goodbye (Take 16)
19. Lady Madonna (Take 3+4)
20. Across The Universe (Take 2)
◎1996年3月18日に発売されたシリーズ第2弾はアルバム『Help!』(1965年)のセッションからインドに向かう直前のシングル「Lady Madonna」(1968年)まで、ライヴ・バンドからスタジオ・ワーク中心の活動に移行する過程をアウトテイクで振り返る内容に。

 時期が時期だけに興味深いテイクも多く、最終的に発表されたテイクとは印象がだいぶ違う曲も。『Rubber Soul』(1965年12月発表)のセッションからはキーの低い「Norwegian Wood (This Bird Has Flown)」の別テイク(Take 1)、「I'm Looking Through You」のTake 1は録音後に「Why,tell me why〜♪」のパートを書き加えたためにボツ。リリース版が軽快なサウンドだったのに対しこちらはパワフル。

 『Revolver』(1966年8月発表)のセッションからはリリース版とは異なりシンプルな「Got To Get You Into My Life」の別テイク(註:CDではモノラル扱いになっていますが、実際は音が微妙に分離しており、ルーム・エコーが右に流れる)。直前に何らややった後なのか(謎)歌入れでゲラゲラ笑いっている「And Your Bird Can Sing」の初期別テイク(ちなみに中央の音をキャンセル可能なプレイヤーや編集ソフトで聴くと笑い声の無い状態で聴けます)、リズム・パターンの異なる「Tomorrow Never Knows」はテイク1で既に異彩を放っている。

 ライヴ活動停止直後の1966年11月からスタートした『Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band』『Magical Mystery Tour』関連のセッションからは、「Strawberry Fields Forever」はジョンのデモからTake 1→リリース版ではカットされる1分先の部分が聞けたりと変化の過程が音で追えたり、間奏のブラス・アレンジの異なる「Penny Lane」、ブラスが無い事でリンゴのドラムが強調された「Good Morning Good Morning」、こちらも装飾を加える前で骨格だけの「I Am The Walrus」、リリース版とはアレンジの異なる「Your Mother Should Know」、Single Versionにはなかったパートが聴ける「You Know My Name (Look Up The Number)」のLong Version、シンプルでこちらも捨てがたい別テイク「Across The Universe」等…あとは実際に聴いてみていただけると。CDの前半ではまだワールド・ツアーに出ていて、中盤のサイケデリック期では思うがまま音を盛る作業に没頭し、それを過ぎると「Lady Madonna」で装飾を削ぎ、インドへ…と向かうわけで、帰ってきてどうなったかは、次の『Anthology 3』で。

 強いて難点を挙げると、「12-Bar Original」が編集で短くされている、「Strawberry Fields Forever (Take 1)」のコーラス・パートがカットされているのと、1966年6月30日@日本武道館公演の「Rock And Roll Music」「She's A Woman」は7月1日の演奏で入っていないのが惜しい。CDでは80年代にビデオ発売された、ポールのマイクが動く&半音下げて演奏している日のもの。ちなみにDVD版『Anthology』にも来日時のエピソードが語られていますのでそちらも是非。
(YouTubeより)

🔵 『Anthology 2』とは別ヴァージョンの「Strawberry Fields Forever (Take 1)」
[本作初登場/オリジナル・アルバム未収録曲]

Real Love

 1995年に2つ目の"新曲"として制作された曲で、現時点ではこの曲がラスト・シングルにあたります。「Free As A Bird」同様にこの曲もジョンが遺したホーム・デモを基にポール、ジョージ、リンゴがバックを重ねてて完成(テープ・スピードを上げたためジョンの声が高くなっている)。曲自体は映画『Imagine』(1988年)でアコースティック・ヴァージョンが発表されていたためファンにはおなじみの曲でしたが、こちらも聞き逃すには曲の一つ。走馬灯のように現在と過去の映像が交差するビデオ・クリップも見所満載で、DVD版『Anthology』(2003年)や『1+』(2015年)に収録。

(各種ヴァージョン/ミックス)

1 : Acoustic Demo

 ジョンのソロ名義で、1988年公開のドキュメンタリー映画『Imagine』で初公開されたアコースティック・デモ。歌詞の途中で「Isolation」の一部が引用されている。
(収録CD)
『イマジン(オリジナル・サウンドトラック)』(1988年)
◉『Acoustic』(2004年)

2 : Piano Demo

 ジョンのソロ名義で、1980年にジョンがピアノを弾きながら歌ったホーム・デモ音源。ビートルズ版が回転数を上げられていたのに対し、ここで聴けるのがオリジナル・キー。
(収録CD)
『John Lennon Anthology』(1998年)

3 : 1996 Version

 本作及びシングルとして発表された"ビートルズ・ヴァージョン"。
(収録作品)
◉『Anthology 2』(1996年)
◉『Real Love』(1996年)
『Anthology Highlights』(2010年/配信版のみ)

4 : 2015 Remix

 2015年11月発売のベスト盤『1+』付属のDVDまたはブルーレイ収録のMVに、プロデューサーのJeff Lynneが新たに作成したリミックス・ヴァージョンが収録されています。イントロのピアノが下げられハープシコードが目立つようにミックスされ、ドラムの入り方も異なるほか、ジョージのリード・ギターの大半が別テイクになっているのが聴きどころ。
(収録作品)
『1+ (SHM-CD+2DVD)』(2015年)
『1+ (SHM-CD+Blu-ray)』(2015年)


5 : 2015 5.1ch Surround Mix

 2015年11月発売のベスト盤『1+』付属のDVDまたはブルーレイ収録のMVに、5.1chサラウンド・ミックスが収録されています。再生環境がないため未確認(スミマセン<(__)>)。
(収録作品)
◉『1+ (SHM-CD+2DVD)』(2015年)
◉『1+ (SHM-CD+Blu-ray)』(2015年)

If You've Got Trouble

 1965年2月18日録音、アルバム『Help!』セッションでの未発表曲。勢いのあるビートとギターの低音リフからなる曲で、リンゴのヴォーカル曲として録音されましたがお蔵入りとなり、アルバムでは代わりに「Act Naturally」が収録される事に。

(各種ヴァージョン/ミックス)

0 : 1985 Stereo Mix

 発表されていないのでグレー表記で(笑)。未発表アルバム『Sessions』(1985年)用に作成されたミックスで、歌詞の順番やコーラス等、曲の構成に手が加えられています。


1 : 1996 Stereo mix

 本作『Anthology 2』に収録されたミックス。

2 : 2003 Stereo Remix

 DVD版『Anthology』のEpisode 4のエンド・ロールにリミックス・ヴァージョンが収録されています。ただしエンディング間際にフェイド・アウトしてしまい完全収録ならず。ダブル・トラックのリード・ヴォーカルは中央から聞こえますが混ざり合わず、微妙に左右に分離しています。
(収録DVD)
◉『Anthology』(2003年)

3 : 2003 5.1ch Surround Mix

 DVD版『Anthology』のEpisode 4のエンド・ロールに、5.1ch Surround Mixが収録されています。2同様、エンディング間際にフェイド・アウトしてしまい完全収録ならず。うちにサラウンドの再生環境が無いためどのような音像かは不明…スミマセン<(__)>
(収録DVD)
◉『Anthology』(2003年)

(YouTubeより)

🔵 複数ある「If You've Got Trouble」のミックスの一つ。恐らく音源編集ソフトで複数の音源をパート毎に分解&再構成してミックスされたものと思われます。

That Means A Lot

 ちなみに本作より音の分離のいいStereo Mixや、失敗に終わったリテイク版の存在も確認されていますが、現在も未発表。
(YouTubeより)

🔵 『Anthology 2』とは異なる「That Means A Lot」のStereo Mix。

🔵 P.J. Proby版「That Means A Lot 」(1965年)。

12-Bar Original

 急ぎ足で制作された『Rubber Soul』からの数少ない未発表曲。インストゥルメンタルで、どことなくBooker T. & The MG'sの「Green Onions」を彷彿とさせる。ジョージ・マーティンもハーモニウムで演奏に参加。ちなみに実際には6分半の長さでしたが、本作では2分54秒にEditされて収録。
[シングル・カット]

リアル・ラヴリアル・ラヴ
(1996/03/27)
ザ・ビートルズ

商品詳細を見る

『Real Love』(TOCP-8716)

1. Real Love
2. Baby's In Black (Live)
3. Yellow Submarine (New Mix)
4. Here, There And Everywhere (Take 7+13)

◎ 『Anthology 2』から「Real Love」がシングル発売され、その際にアルバム未収録音源3曲がカップリングとして収録されました。「Baby's In Black」は1965年8月30日@ロサンジェルスのハリウッド・ボウルでのライヴ音源(MCのみ8月29日)。Remixされた「Yellow Submarine」ではリリース版にはないリンゴの語りやSEが挿入。「Here, There And Everywhere」はシンプルな別テイク。
My Favorite Albums(目次)へ戻る。

(作成:2011年6月1日/更新:2015年11月27日,2016年4月7日)
関連記事
[ 2011/06/01 13:12 ] The Beatles関連 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://benice.blog.fc2.com/tb.php/1149-c5087c23