2006年12月31日

今年一年どうもありがとうございました。
2007年も是非よろしくお願い致します。
ではよいお年を。
本日のBGM:Love「You Set The Scence」(from"Forever Changes"1967)http://www.youtube.com/watch?v=rk65Xd0NfTc



フォーエヴァー・チェンジズ(デラックス・エディション)(SHM-CD)フォーエヴァー・チェンジズ(デラックス・エディション)(SHM-CD)
(2009/08/26)
ラヴ

商品詳細を見る

[ 2006/12/31 18:54 ] 雑記とか | TB(-) | CM(0)

2006年12月30日 タワレコでインストア・ライヴを見かけた

 今日も全然疲れが取れない。昨日の掃除のかかった時間が何かを物語っているような気がする。
しかも人の多い所に行けば余計に疲れるのを判ってて、午後から新宿に行っしまう。

 予想・予定通りに疲れ果てて帰宅しましたが,そんな中、途中寄ったタワー・レコードでたまたま、インストア・ライヴをやっているのを見かけました。たぶん新人の方のような気がします。
個人的には、んー…なんというか、普段聴くようなタイプの音楽ではなかったのでステージをじっくり観ることはしなかったのですが,しばらくして、聞こえてくる音に対して,聴いてて思わず動揺したというか、鳥肌が立ったというか…凄く、突き刺さってくるような、力を感じさせるヴォーカルだった。歌がうまいとか、そういう次元でなくて…なんだか相変わらず上手く書けないのがアレですが、日本にもこういう方がまだまだいるんだなと…驚きました。
1曲、タイトルは判りませんがいいなと思う曲があったんですけど、たぶん、この方だったら、しばらくしたら注目される存在になるんじゃないかなぁ…そんな気がする。

 インストア・ライヴや、駅前で歌っている人達、次にその歌を聴く機会って、中々訪れなかったりする事が多いんですけど、また、何かしらの形で聴く機会があるといいなと…なんとなく思ったりしてます。
つづく。

本日のBGM:Lazy Smoke「Sarah Saturday」(from"Corridor Of Faces"1969)
[ 2006/12/30 22:47 ] 音楽 (日本) | TB(-) | CM(0)

2006年12月29日

061229.jpg
[ 2006/12/29 11:02 ] 雑記とか | TB(-) | CM(2)

John Simon「My Name Is Jack」


ユー・アー・ホワット・ユー・イート(紙ジャケット仕様)ユー・アー・ホワット・ユー・イート(紙ジャケット仕様)
(2006/04/19)
サントラ、ポール・バターフィールド 他

商品詳細を見る
[ 2006/12/26 20:04 ] 音楽 (アメリカ) | TB(-) | CM(0)

2006年12月25日

 先程,テレビのニュース番組でJames Brownが亡くなった事を知った。
73歳だったのか(すみません今まで年齢を今ひとつ把握していませんでした)。
今年は好きなミュージシャンの訃報が多くて脱力感を覚えます…残念でならないです。
[ 2006/12/25 18:12 ] 音楽 (アメリカ) | TB(-) | CM(0)

2006年12月24日:テレビ特番にて。

世間一般の流れとは関係なく(あんまりそういうムードは周囲に流れていない)、
この日逃したら出来そうになかったので朝から大掃除。
大部分は押し入れの中の整理に費やしたので、外見の変化はあまりなかったりするのですが,なんだかんだで12時間近くかかってしまった。
テレビで丁度「ベース 井上富雄」というテロップが流れた辺りに大掃除終了。
にしても、その時観ていたテレビ番組の(井上さんがバックで参加していた)Char+鮎川誠の「White Room」がかなりいい感じでした。
そーいえばCreamも新しいDVDが出たんだよなぁ…気が向いたら観てみよう…予定は未定。
つづく。
[ 2006/12/24 22:36 ] ルースターズ関連 | TB(-) | CM(0)

advantage Lucy/No Stars Innovation@下北沢Club Que

 夕方、ほぼ1ヶ月振りに下北沢CLUB QUEに行ってきました。
今回はadvantage LucyとNo Stars Innovationのライヴ。
音楽性を考えたら両極端で意外な組み合わせにも思えますが(とは言っても,ルーシーは過去に井上富雄さんと仕事をした事もあるし,双方のドラマーはベンジーのバンドで叩いている他にも,目に見えない部分でもいくつか共通点もあったりする)、この2組のバンドが共演するのは2004年7月2日と2005年12月13日、そして今日を含めると3度目になります。
[ 2006/12/20 23:56 ] advantage Lucy関連 | TB(0) | CM(0)

2006年12月19日

 ネットのニュース欄に、Dave Clark Fiveのサックス奏者だったデニス・ペイトン氏が17日に亡くなった事が報じられていました…。今年も、60年代に活躍したミュージシャンの訃報が多かったような気がします。ご冥福をお祈り致します…。

 前にも書いたような気がしますが,Dave Clark Fiveの音源がフツーにCD屋,もしくはオンライン・ショップ等で新品で入手出来ない状況は何とかならないのでしょうか。正規のCDが出たのは1993年の『Glad All Over Again』(CD=(日)東芝EMI TOCP-7796)と、2枚組『The History Of The Dave Clark Five』(CD=(米)Hollywood Records HR-61482-2)のみで、それすらも廃盤状態。たまにドイツの怪しいレーベルからリリースされた『Coast To Coast/American Tour』を見かける程度。これにしても最近はインクジェット・プリンターで出力したような粗悪なジャケットのやつが大手CDショップの店頭に置いてある始末で…。
 ニュースでも曲名が挙がっていた「Glad All Over」のみならず、「Anyway You Want It」「Because」「Whenever You're Around」「Everybody Knows」「When」とか、いい曲結構あるので、もし機会がありましたら是非。

本日のBGM:Carol「Good Old Rock'n'Roll」(from"ザ★ベスト"2003)
 デイヴ・クラーク・ファイヴが1969年にヒットさせた(全英第7位)ロックン・ロール・メドレー(オリジナルはこちら)ですが、日本では恐らくキャロルのヴァージョンの方が流通していると思われるのでこちらをセレクトしてみました。
[ 2006/12/19 20:21 ] 音楽 (UK/EU) | TB(-) | CM(0)

J.K. & Co.『Suddenly One Summer』

061217.jpg
J.K. & Co.『Suddenly One Summer』
1. Break Of Dawn
2. Fly
3. Little Children
4. Christine
5. Speed
6. Crystal Ball
7. Nobody
8. O.D.
9. Land Of Sensations & Delights
10. The Times
11. Magical Fingers Of Minerva
12. Dead
[ 2006/12/17 20:13 ] 音楽 (アメリカ) | TB(-) | CM(0)

博多とロック

 12月10日(日)、Zepp Fukuokaに"博多のロックに体当たり!"というライヴ・イベントが行われ,SHEENA & THE ROKKETS、Rock'n'Roll Gypsies他数アーティストが出演。
残念ながら僕は観に行く事が出来ませんでしたが、このイベントのそもそもの趣旨である、『博多とロック』という、福岡出身のミュージシャン12人のインタビューを掲載した書籍が発売になりました。僕も先程タワレコで発見して即購入。
061212.jpg

『博多とロック』(2006年12月10日発行/A5判並製208ページ/定価2,100円/ISBN4-902108-38-0 C0073/著者:MARU/発行所:書肆侃侃房 http://www.kankanbou.com/index.php)
[ 2006/12/12 19:56 ] ルースターズ関連 | TB(0) | CM(0)