『栄光のザ・スパイダース』

060330.jpg
本日のBGM:田辺昭知とザ・スパイダース「Love Portion No.9」
(from"栄光のザ・スパイダース"1977)

1. フリ・フリ
2. ダイヤモンド・ヘッド
3. ワイプ・アウト
4. アイドルを探せ
5. トワイライト・ゾ-ン
6. 悲しき願い
7. モンキー・ダンス
8. 青春ア・ゴー・ゴー
9. 恋する2人
10. ダイナマイト
11. 砂に消えた涙
12. 太陽を探せ
13. クライ・アンド・クライ
14. Love Portion No.9
[ 2006/03/30 21:22 ] 音楽 (日本) | TB(0) | CM(4)

大江慎也インストア・ライヴ@Tower Records渋谷店

(BBSの投稿より)先程、Tower Records渋谷店で行われた大江さんのインストア・ライヴを観に行きましたのでちとご報告を。

 午後6時をまわった所で大江さんと、サポートで参加したアベフトシが登場。
アコースティック・ライヴとは言ってもリラックス・ムードはなくむしろその逆で、
アベさん(アコースティック・ギターではなく例のエレクトリック・ギターを使用)の好サポートを得ながら、1曲目の「Dream Of Peace」や「I Dream」「Go For The Party」等数曲を、汗だくになりながら力強くアコースティック・ギターをかき鳴らし、CDで聴ける以上に激しく歌っていました。
あと、何かの曲のエンディングで大江さんがアコースティック・ギターで(ビートルズで言うと"I Feel Fine"のイントロで聴けるような感じの)フィードバック音を延々鳴らしていたり、MCは1曲ずつ曲名を言ったり、「今日、来日しました」と言っていたような…(笑)
 で、本来ならソロ・アルバムからの曲をやって終了するはずだったようなのですが、インストア・イベントも(渋谷で)最後という事もあり、異例のアンコールが行われ、大江さんが早口で「ちょっと知っている曲があるので、あの…聴きたい人は聴いてください」と言って、「恋をしようよ」と「Case Of Insanity」が演奏され、大いに盛り上がったところでライヴ終了。大江さんも上機嫌でステージを後にしていました。
イベント終了後、大江さんが銀のペイント・マーカーで書いたサインの入った(アルバム・ジャケットと同じデザインの)ステッカーが参加者全員に手渡されていました。
…ということで、相変わらず拙いレポですみませんでした。
[ 2006/03/27 01:13 ] ルースターズ関連 | TB(0) | CM(0)

The Rolling Stones@2006年3月24日・東京ドーム

060324.jpg
 金曜日、ストーンズを観に東京ドームに行ってきました。で・・・個人的にはレポする事を念頭に入れずただひたすら楽しんでしまい(汗)、後日、別の席にいた友人と確認をした上でこれを書いてみました。

 ドーム内に入って席の確認。うわ・・・Eブロックってアリーナ席でもスゲー後ろだったとは。でも前回は2階席だったのでステージには近いといえば近い(音響的には2階席の方がダイレクトに来ていたので、それはそれで良かったのかも)。
ステージ・セットは横長のビルみたいな感じで、オペラグラスで見たら、中に人が・・・もしかしてあれがゴールデン・サークル席だったのでしょうか。

 午後7時、いよいよスタート! と思っていたら、3人組の前座バンドが登場。後で調べたら、MR.BIGのメンバーがやっているRichie Kotzen Bandだと判明。
前座がある事を知らない客はガクっとなっていた(22日にも出ていたようです)。
で、何をやるのかと思ったら、井上大輔の「哀・戦士」を英語で歌い、他にJeff Beck Groupヴァージョンでの「Shapes Of Things」(The Yardbirds)、「I'm Losing You」(The Temptations。ひょっとしたらRod Stewart経由?)等を30分程演奏。アメリカン・ハード・ロックという感じで、客層の趣味に合っていたかというと…。

 その後3~40分程休憩時間を挟み(その間に休憩所に行ったら鈴木ヒロミツ氏を目撃)、
午後8時ちょい過ぎ、巨大スクリーンにキースが映り、「Start Me Up」でスタート。当然ながら場内大いに盛り上がる。他に「It's Only Rock & Roll」や「ダイスをころがせ」「Midnight Rambler」「Gimmie Shelter」等をやったんですけど、いくつか馴染みのない曲が・・・でも周りの奴らは感激してたり合唱しているんで一瞬焦る(笑)
後で知りましたが、それらは「Worried About You」(ミックがキーボードを弾きながらファルセットで歌っていた。CDで聞き返したけどライヴの方が良かった)「Ain't Too Proud To Beg」(The Temptations)でした。
 キースのヴォーカル・コーナーが2曲続いた後、ミックがギターを弾きながら「Miss You」を歌っていたのですが、演奏中、突然ステージが動き出し(実はステージの下でスタッフが・・・(笑))、センター・ステージに移動。ここでよーやくメンバーの姿を至近距離で観ることができました。この時はたしか新作からの曲と「You Got Me Rocking」をやっていたような…。ロン・ウッドがピックを投げてきたものだから周囲がえらく興奮気味だった。
で、「Honky Tonk Women」演奏中に再びステージが移動・・・短い時間だったけどこの演出は凄く嬉しかった。これ以降はアンコールを含め、定番・超有名曲が続きましたがどの曲も(散々演奏しているはずなのに)異様にテンションが高かった。「(I Can't Get No)Satisfaction」の最後でミックがステージを全速力で走り抜けたり・・・と、あのパワーは一体何なんだって感じですが(実年齢からしても余計にそう思える)。
 もっと前の席にいた人なら色々と細かい点に気付いていたかもしれないけど(ネット上の感想読むと、「チャーリーのドラムが…」とかって指摘されていましたが…)、個人的にはあまり気にならなかったし、最後の最後まで凄く楽しんでしまいました。
[ 2006/03/26 13:22 ] 音楽 (UK/EU) | TB(-) | CM(3)

The Animals「The Right Time」


アニマルズ・プラス(紙ジャケット仕様)アニマルズ・プラス(紙ジャケット仕様)
(2002/12/26)
アニマルズ

商品詳細を見る
[ 2006/03/23 20:12 ] 音楽 (UK/EU) | TB(-) | CM(5)

祝日

天気もよかったのでバスに乗って色々と行って来たりする。
少しはゆっくり出来るかなと思っていましたが、
結構人の多い所ばかりを選んでしまい余計に疲れ果ててしまう。
で、大通りを数十分歩いていると、何故か聞こえてくるのはストーンズだったり、
井上さんがバックで参加しているアーティストの曲だったり…。
本当はちょっと気分転換にいつもと違った風景でも…なんて思っていたら、
行く先々で聞こえてくるのは耳馴染みのある曲ばかりだった。
しかも最後に寄ったとある店でかかっていたのは「Rosie」だった(笑)
ぐるぐるまわってあともどり。
つづく。
[ 2006/03/21 19:19 ] 雑記とか | TB(-) | CM(-)

雑誌の記事とか。

 クラクラする中、某書店にて大江さんのインタビューが載っている雑誌をチェック。インタビューは、読んでいて「あぁ、なるほど。」と納得の行く感じの…って、あくまで個人的には、です、はい。曲についてとか、HPについての発言は「DOLL」の方が多かったですけど、こちらも…読んでおいてよかったです、はい。何がどう良かったとか、ここ読んだだけでは全く判らないはずなので、他のアーティスト目当てで買った方も是非一読を。
[ 2006/03/20 18:20 ] ルースターズ関連 | TB(-) | CM(0)

オン・エア情報

BBSに投稿しようとしたら何故か文字化けしてしまったので、仕方なくこちらで。

◎3月21日(火)『BSエンターテインメント 黄金のGS大集合!』(NHK BS-2/午後8時~10時)

 BS-2でGSの特番がオン・エアされます。先日の『日曜スタジオパーク』でも予告がチラッと流れましたが、ゴールデン・カップス、ジャガーズ、ワイルド・ワンズ、ハプニングス・フォー、鈴木ヒロミツ、加橋かつみ他の生演奏の他に、当時の映像等も流れるようです。詳細はこちら。
http://www3.nhk.or.jp/omoban/main0321.html#20060321003

あと…これは僕の家の環境では観る事が出来ないのですが、
4月からCS放送の"Music Air"で、テレビ・ショー『ザ・モンキーズ』が再放送されるそうです。詳細はこちら。
http://musicair.econ-net.or.jp/monkees.html

 個人的には'81年頃に再放送されていたのを観てモンキーズを知ったクチで、10年程前にTVKが再放送した時にじっくりと観たものの、当時電波状況が悪くて殆ど録画出来ず。観ていて楽しい番組なのは勿論なのですが、(VHSビデオ化の際にカットされてしまった)モンキーズのツアーの模様とか(ミッキー・ドレンツがJBの"マント・ショー"のパロディをやっていた)、シリーズ後期…正確に何話だかは判りませんが、最後に突然、今は亡きTim Buckleyが12弦ギターを抱えて現れ、「Song To The Siren」を歌うというシーンがありますので、この辺は特にお見逃しなく。

 あ、余談ですが、モンキーズは先に書いたテレビ・ショーを観たり、『ゼン&ナウ...』というベスト盤を聴いたりはしていましたが、アルバムをじっくりと聴いたのは'92年になってからでした。
"聴いてみて初めて判る"…というありがちなパターンですが、ベスト盤に頻繁に登場する曲以外にも面白い曲が色々と隠れていて…別に隠れていたわけではなくて、アイドルだからっていうちょっとした偏見で聴くチャンスを逃していたが故に気付かなかったというか。
 デビュー40周年という事なので、ひょっとしたら、今年も何かしらの動きがあるのではないでしょうか。あくまで推測ですが…。ということで、つづく。

本日のBGM:The Monkees「Listen To The Band」(from"Music Box"2001)
[ 2006/03/18 12:51 ] 音楽 (日本) | TB(-) | CM(2)

休憩中

本日のBGM : 金延幸子「おまえのほしいのは何」(from"み空"1972)
[ 2006/03/15 23:45 ] 雑記とか | TB(-) | CM(0)

大江慎也『The Greatest Music』

THE GREATEST MUSIC(初回限定盤)(DVD付)THE GREATEST MUSIC(初回限定盤)(DVD付)
(2006/03/08)
大江慎也

商品詳細を見る

というか、トップ・ページのみ更新。
[ 2006/03/08 00:10 ] ルースターズ関連 | TB(0) | CM(4)

advantage Lucy@Zher the ZOO YOYOGI

 2006年3月5日(日)、advantage Lucyのライヴを観に代々木まで行ってきました。
東京では今年最初…と言っても、その前に名古屋でアコースティック・ライヴを行っていたようで、5人編成のバンドとしては最初、だったかな…なんだかややこしいですが(笑)

 今回はハックルベリーフィンというスリーピース・バンドと対バンという形で、
このバンドは初めて聴きましたが(なので曲名が全く判りませんが) メロディ・ラインの良さがとにかく印象的でした。

 続いてadvantage Lucy。暮に足立区でアコースティック・ライヴが行われ、5人編成のライヴは去年の12月…No Stars Innovationとの対バン以来。その時も結構意外な選曲・構成だったけれど、今回もまた…あ、詳細書きますので、その辺気にする方はここまで・・・ということで。どうもすみません。
[ 2006/03/05 22:55 ] advantage Lucy関連 | TB(-) | CM(0)