サディスティック・ミカ・バンド

060130
さっきニュース観てビックリした。
サディスティック・ミカ・バンドが"CMで"復活するそうで。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060130-00000005-dal-ent

 前にも一度書いたような気がしますが、僕が日本のロック・バンドのCDで一番最初に買ったのがミカバンでした。'88年初頭。バンド自体は'85年にテレビでライヴ映像を観て知り、その後はラジオでエアチェックしたやつをずっと聴いていたりと。
で、その後に桐島かれんがヴォーカルで再結成。シングルの「Boys & Girls」は好きだったけど、アルバムの曲は「んー…なんか違うなぁ…」って感じてしまい、今ではどんな曲が入っていたかは憶えていない。'89年4月に行われたライヴはテレビで放送されていたのを観た。こっちは逆に楽しく観れたり。
今回の、CMだけで終るってことはないですよね…ライヴ観てみたいなぁ~とか思ったりしていますが。

本日のBGM : アルバム『サディスティック・ミカ・バンド』(1973年)
[ 2006/01/30 18:35 ] 音楽 (日本) | TB(-) | CM(3)

一部変更

060128
HPの過去のデータを色々と調べていたら、以前はしていたのにある日を境にやらなくなってしまったというものがいくつかあり、個人的な問題で出来なくなったものもあれば、容量の関係上出来なくなった事もあったり。
"ひとりごと"のコーナーも、物凄く長い前置きとか(完全なる内輪ネタでしたが)、
曲紹介の際にアルバム・ジャケットを載せていたりとかしていたけど、いつの間にか…って感じで。
なので、気分一新…は無理にしても、ちょっとだけでもどこかしら変えてみようと思い、こちらに移動する事にしました。
ここを替えたからってどう…って感じでもなく、たた単に変更致しました、という事だけお伝え致します。んではまた。つづく。
[ 2006/01/29 17:00 ] 雑記とか | TB(-) | CM(2)

Canned Heat「Goin' Up The Country」


The Very Best Of Canned HeatThe Very Best Of Canned Heat
(2001/10/30)
Canned Heat

商品詳細を見る
[ 2006/01/23 21:00 ] 音楽 (アメリカ) | TB(-) | CM(0)

雪2日目

昨日降った雪、翌朝から雪掻きをしないとな・・・と思っていたのですが、
驚いた事に、みんなが寝ている間に近所の誰かが家の前の道路の雪掻きをしていたそうで・・・。
近所の人達もかなり助かっていたようでした。どこの人だったんだろうか・・・。
[ 2006/01/22 11:30 ] 雑記とか | TB(-) | CM(-)

しんしんしん

 でー・・・あー・・・昨日のジプシーズのLiveでお会いした皆様どうもおつかれさまでした。なんとか無事に帰宅致しました(内輪の話題ですみません)。
[ 2006/01/21 20:21 ] 雑記とか | TB(-) | CM(0)

Manfred Mann "Groovin'"

例によって、恒例の、絶賛風邪ひいてチョーシワリー・モード中。
おまけに仕事で使ってるMacを何度もフリーズ&強制終了させてしまうという好不調振り。
金曜日大丈夫かなぁ・・・つづく。
本日のBGM:Manfred Mann「Groovin'」(from"Groovin' With The Manfreds"1996)
060118


初期EMI時代のManfred Mannのオリジナル・アルバムは、
現在は無事CD化されて安易に入手可能になったけど、
少し前までは妙な選曲の編集盤しか売られていなかった。

この『Groovin' With The Manfreds』はそんな頃に発売されたCDで、
R&B寄りの選曲になっているので今でもよく聴く1枚。
これの「Groovin'」という曲、カヴァー曲ですけど最初聴いた時「ん?!」と思い、
これの歌詞カードを引っぱり出してそれを読みながら聴いてしまったおぼえがある。
どっちも好きだったりしますが。


[ 2006/01/18 20:00 ] 音楽 (UK/EU) | TB(-) | CM(0)

トップ・ページのアルバムを変更

060117
昨日、なんとなくトップ・ページの推薦アルバムと、ここのピーちゃんの写真を変更してみたりする。
トッド・ラングレンは紙ジャケが再発されまして、『Something/Anything?』でもよかったんですけど、アルバムの進行の仕方と現在の気分の浮き沈み具合がかなり似通っているという意味不明な理由で(笑)『A Wizard,A True Star』にしました。
でも何も知らんでいきなりあのアルバム聴いたら「?!?!」でしょうね・・・(笑)

本日のBGM:Radiohead「fake plastic trees」(from"the bends"1995)

90年代のバンドは殆どスルーしたり、聴いたとしても味気なく感じて手放すというパターンに(今でも)陥ってしまうのですが、さっき部屋の中からこのCDが出てきた。殆ど聴いていなかったCDですが、もう10年も前の作品だったのか、これ・・・。このバンドに関しては特に思い入れはないのですが、今聞き返してみると、この『the bends』の後に出た『OK COMPUTER』は、あの当時の状況がそのまま音に反映しているなぁと感じてしまう。あくまで個人レベルでという事でですが・・・気分的にああいう感じのトーンだった、という事で。
[ 2006/01/17 21:00 ] 雑記とか | TB(-) | CM(-)

The Oxfords『Flying Up Through The Sky』

Oxfords

FLYING UP THROUGH THE SKYFLYING UP THROUGH THE SKY
(2006/01/21)
オックスフォーズ

商品詳細を見る


1. My World
2. Lighter Than Air
3. Sung At Harvest Time
4. Two Poems by e.e.cummings
5. Flying Up Through The Sky
6. Come On 'Round
7. Young Girl's Lament
8. Trix Rabbit
9. (There's) Always Something To Remind Me
10. Time And Place
11. Sun Flower Sun
12. Chicago Woman
13. Come On Back To Beer
14. Your Own Way
15. The City
16. Flute Thing
17. Cuttin' Your Loose
18. Sweet Lover Man
19. Those Winds
20. Tornado Baby
今月号の「レコ・コレ」にOxfordsの日本盤CDの広告が載っているではないですか。
やはり日本盤出るのかぁ。
[ 2006/01/13 23:59 ] 音楽 (アメリカ) | TB(0) | CM(0)

Funk Master Crash@吉祥寺

夕方、うちのBBSに何度か書き込みをして下さった方のお誘いで、
吉祥寺でFunk Master Crashという3ピース・バンドのLiveを観に行きました。

このバンドは新潟を中心に活動をしていて、今回はあの吹雪の中上京してのLiveでした。
ステージを観て真っ先に目に入るのは、ギタリストとベーシストが使用するエフェクターの数。それらを駆使しながら、ギタリストは時折キーボードを弾いたり、時折ヴォコーダー(だったと思う。フュージョン寄りの頃のJeff Beckが使っていたような音を出していた)でSly &The Family Stoneの「Thank You」の一節を混ぜてみたりと、全般的に実験色の強いサウンドでした。 演奏されたのはたしか3曲で、すべてインストゥルメンタル。
Funk Musicを軸としたJam Bandのようにも思えるし、フュージョン色もどこかしら感じる。 さらに色々と取り込んでみたらもっと面白い音になるはず。年内にまた都内でやる可能性があるので、次の展開も楽しみ。

 ということで、またいつものようにレポになっていないレポでした。
あ、打ち上げで初めてお会いした方々&2度目ましての方々どうもおつかれさまでした。
またお会いする機会がありましたらどうぞよろしくお願いします。
[ 2006/01/09 23:59 ] 音楽 (日本) | TB(-) | CM(0)

更新情報

リンク集のコーナーに、All About(http://allabout.co.jp/)というサイトを追加・相互リンク致しました。#こちらの"J-POP"→"アーティスト・リンク 地域/ジャンル別"という項目で、うちのThe Roosters(z)とThe Golden Cupsのコーナー、Mitzさんの"THIS IS TH eROCKERS"がご紹介される事になりました。こういう事は凄く久しぶりな気がしたので嬉しく思っています。本当にどうもありがとうございます。
[ 2006/01/08 23:00 ] 雑記とか | TB(-) | CM(0)