偶然に出会った

000826
(過去のデータより掲載)
 CD屋でadvantage Lucyの「めまい」というシングルがふと目に入り、
何だか知らないけど妙に気になってしまったので購入。
個人的には最近のバンドは物足りなさを感じてしまう方なので、
余程の事がない限りCDを買うことはないんだけど、今回は何故か・・・。

実はこの曲、今年の3月頃に毎朝TOKYO-FMでヘビー・ローテーションされていて、
曲名が"めまい"なのに"目覚めのBGM"として聴いていた曲でした。
あ、それでなんとなく憶えていたのかな…。

けど、「ぴあ」にも毎週何かのコーナーで名前を見たような気もするし、
テレビでもほんの少しだけ曲が流れていたのを観た記憶があるんだけど…。
その番組がフル・コーラスではなく、30秒だか1分間だけ曲を流してあげます…みたいな感じで。記憶違いかなぁ…。

 で、CDを聴いてみる。この爽やかなサウンド…小さい時に聴いたスタイル・カウンシルの「My Ever Changing Moods」を初めて聴いた時の印象に近い感触を覚えた…って書いても通じないかもしれないけど…。
ここ数年、やたらと言葉数の多い曲が増えているような感じだけど、この曲はそんな感じはまったく受けず。人によっては掴どころがないと思うかもしれないけど、僕はこの詞の世界観とか、普段聴く曲にはない感じがしたので好きだったりする。
イントロに入っているホーン・セクションは東京スカパラダイス・オーケストラ、で、プロデューサーのクレジットを見たら、なんと高野寛だった。中学3年生の頃、この人の『Cue』という、トッド・ラングレンがプロデュースしたアルバムをレンタルして(数年後にCDで買い直した)よく聴いていたので、名前を見つけて嬉しくなった。

 それと、心の中でずっと引っかかっていたのが、バンド名の"Lucy"。
というのも、3年くらい前に「ぴあ」のCDレピューでなんとなく気になって買った『Pop Jungu Volume 1』(CLCD-11101)という、日本のアマチュア・ミュージシャンばかりを収録した"アメリカ盤コンピ"に、Lucy Van Peltというバンドの「sunny」という曲が収録されていて、当時これをMDに入れてよく聴いていた事があったんですけど…。

さっき書いた、ほんの少しだけ観たテレビの中で"Lucy"という名前を聞いた時、
「あれっ、どこかで聞いたような…」っていう感じで終わってしまったんですけど、
今「めまい」の歌詞カードのクレジットと『Pop Jungu Volume 1』のジャケットの裏側に記載されている英語のクレジットを見比べてみたら、

「あ・・・。」

やっぱりそうだったのかぁ・・・うわぁ~改名してメジャー・デビューしていたんだ。
なんだかスゲー嬉しいなぁ…っていうか、もっと早く気づけって感じですが(苦笑)
[ 2000/08/26 22:33 ] advantage Lucy関連 | TB(-) | CM(0)